WiFi(ワイファイ)って何?初めてでもわかる基礎知識

WiFiって何?
世間は空前のWiFiブームです。

パソコンから家電、ゲーム機に渡るまで、様々な製品にWiFiが使われています。

ここで質問ですが、あなたは「そもそもWiFiって何ですか?」と聞かれたら、答えられるでしょうか。

今では生活に浸透しつつあるWiFiですが、実際のところ、使ってはいるけど「それが何なのかわからない」という方も多いのでは?

ということで、今回は知っているようで知らない、話題のWiFiを解説していきます。

WiFiはただのブランド名だった!?

まず、世間一般のWiFiに対するイメージは、

「LANケーブルを挿さなくてもインターネットに接続できる技術」

つまり「無線LAN=WiFi」だと考えている方が非常に多いです。

 

実際、WiFiは無線LANの一種なので、内容としては間違っていません。

ただ、無線LAN=WiFiではなく、正確には「無線LAN≒WiFi」というのが正解です。

WiFiは無線LANではありますが、詳しくは「無線LANのブランド名」です。

無線LANという大きなくくりがあって、その中に「WiFi(ワイファイ)」という規格(ブランド名)があるのです。

ですので、WiFiは無線LANではあるものの、完全に同一の物ではありません。

あくまで規格であり、「Wi-Fi Alliance」という団体によって正式に認められた製品だけが、WiFiというブランド名の無線LAN機能を搭載することができます。

WiFiとして認められるメリット

「この製品の無線技術をWiFiとして認めます」

そう言われて数多くのWiFi対応製品が世の中に出回っています。

そもそもWiFiとして認可されことのメリットとして、「様々な機器との接続が簡単になる」ことが挙げられます。

例えば、WiFi対応のパソコンと、同じWiFi対応のプリンターがあるとします。

どちらもWiFiというブランド名を持つ機器なので、確実に相互接続をすることができます。

もし、プリンター側に無線LAN機能が搭載されていたとしても、それがWiFiではなかった場合、「パソコンと接続できる保証がない」のです。

WiFiという規格が出来る前までは、どの製品が無線LANで繋がるか、やってみないとわからない時代だったのです。

WiFiが出来てから、「これとこれは接続できる」ということが一目でわかるようになりました。

その新しい無線LAN規格を各メーカーが使用し、自社の商品開発に生かすようになりました。

だからこそ今、WiFiを使ってデジカメからプリンターに写真データを直接送信したり、WiFiを経由して照明のスイッチを切り替えたり、様々なことができるようになったのです。

WiFiはインターネットに繋いでホームページを見るための技術であると同時に、「生活を便利で快適にするための技術」でもあるのです。

このページの先頭へ