スマートフォンをWiFiにつなごう!通信料金を節約する方法!

あなたはスマートフォンを持っていますか?スマートフォンの代表といえば「iPhone」ですが、日本に上陸した時は大きな反響を呼びましたよね。

それから各社様々なスマートフォンを開発し、市場にはたくさんのモデルが出回っています。

スマートフォンは従来の「3G回線」に加え、高速通信が可能な「LTE(4G)」も使うことができます。

そのため、外出先でもネットサーフィンや動画の閲覧が快適にできるようになりました。

その反面、「速度制限」というものが存在します。

これは「一カ月で利用できるデータ通信量」を示しており、キャリアの大半は「7Gバイト」と基準にしています。

 

7Gバイトを超える通信を行うと、「自動的に速度制限がかかる」ので、通信速度が128kMbpまで落ちてしまいます。

これだけ極端に遅いと、スマートフォンの利用にストレスを感じてしまうのは言うまでもありません。

なので、「自宅のWiFiを使ってインターネット」をしているユーザーが増えているとのこと。

 

何故、わざわざWiFiを経由してインターネットに接続しているのでしょうか?

その理由をこの記事では紹介します。

スマートフォンをWiFiで使う本当の理由

上述のように、スマートフォンの料金プランには速度制限というものがあります。

7Gバイトといってもピンとこない方が多いでしょうが、「動画や音楽をダウンロード」していれば、あっさりと越えてしまうものです。

 

スマートフォンをWiFiで使う理由としては、「パケット代を節約」できるからです。WiFiはLTEや3Gとは別回線になるので、「速度制限の対象にならない」のです。つまり、WiFiなら7Gバイト以上の通信が可能となるわけです。

 

データ通信量もカウントされないので、WiFiさえあればまず速度制限に引っ掛かることはないでしょう。

 

この仕組みを利用し、「自宅内ではWiFi」、「外出先では3GやLTE」と使い分けているユーザーが多いのです。

自宅でWiFiを使っているため、結果的にパケット代の節約になります。

おまけにWiFiはLTEよりも速度が速いため、「サイトの読み込み」や「動画のダウンロード」もサクサクこなします。

検索サイトでキーワードを入れれば瞬時に検索結果を表示し、容量が多いアプリも短時間でインストールできるのです。

速度制限の対象にならない上、通信速度も速いという特徴を持っているので、WiFiを使わない手はありません。

 

スマートフォンを頻繁に利用するという方は、今一度WiFi環境の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめのWiFiルーターの比較はこちら

このページの先頭へ