【比較】固定回線とモバイルルーターどちらがいいのか?メリットを知って正しく選ぼう!

インターネットを利用する方法は

固定回線(光回線)モバイルルーター

の二種類があります。

 

それぞれにメリットとデメリットがあり、特徴を知っておけば自分に合った回線の選び方がわかります。

このページでは固定回線とモバイルルーターどちらを選ぶべきか2つの方法を比較しました。

迷っている人はぜひ参考しにしてみてください!

固定回線(光回線)のメリットとは?

まずは、固定回線のメリットについて見ていきます。

固定回線のメリットは安定性通信速度です。

 

自宅に回線を取り入れるので通信が安定しており、

  • 複数人でネットを利用する機会の多い人
  • 常に安定した回線が求められるゲームをする人
  • スマートフォンやタブレットIot家電など複数台をネットにつなぎ利用する人

など、自宅を中心にインターネットを使う人ににオススメです。

 

固定回線(光回線)は高速通信出来るので、サイトの読み込みが早いのはもちろん、大容量データのダウンロード、アップロードも快適に行うことができます。

固定回線(光回線)デメリットとは?

固定回線(光回線)は

「工事などを行うため導入するまでに時間・費用がかかる」

「自宅のみの利用に限られている」

というデメリットがあります。

 

固定回線は利用するまでに工事が必要です。

そのために、工事費用(15000円程度)がかかります。

さらに無線でインターネットを利用したい場合、無線LANルーターの購入(8000円程度)も必要です。

自宅に回線を開くための工事をするので、その分導入コストが高くなってしまいます。

また、予約順に工事日が決めらるので、混んでいる時期(新年度や長期休み)には

一ヶ月程度工事するまで時間がかかってしまいます。

このような点も固定回線(光回線)のデメリットです。

 

月額料金も4000~6000円程度と割高なので、「ネットの利用が少ない人」にはおすすめしません。

この時点で自分には当てはまらないかもと思われた方はモバイルルーターのほうが合っているかもしれません。

モバイルルーターのメリットとは?

次にモバイルルーターのメリットを見ていきます。

モバイルルーター大きなメリットは自宅でも外出先でもネットの利用ができて持ち運びが可能という所です。

モバイルルーターの重さは100g程度と軽いので持ち運びの負担になりません。

さらに工事をする必要がなく本体からWiFiをとばすことができるので、安い価格かつすぐに利用し始める事ができます。

モバイルルーターのデメリットとは?

モバイルルーターのデメリットを挙げるとすれば、メリットでもあった「持ち運びが出来る」という所です。

モバイルルーターを家族で共有した場合「本体を誰かが持ち歩いてしまうと他の人が利用できない」という問題が起きてしまいます。

複数人で家でのみインターネットを利用する場合にはモバイルルーターより固定回線(光回線)の方が良いでしょう。

このように、固定回線(光回線)とモバイルルーター、どちらも一長一短です。

以上の比較をまとめると次のようになります。

固定回線とモバイルルーターのメリット・デメリットまとめ

モバイルルーターと固定回線のメリット・デメリットを比較しました。

その比較をまとめるとこのようになります。

固定回線

メリット 「安定したネット環境」「複数人の利用」「ヘビーユーザー」
デメリット 「自宅でのみの使用」「工事に時間や費用がかかる」

モバイルルーター

メリット 「持ち運びができる」「価格が安い」「工事費用がかからない」「すぐにその日から使用可能。店舗受取りなら当日」
デメリット 「複数人での利用は向いていない」

両者をまとめるとこのようになっています。

どのようなライフスタイルで使用するかによって選択が変わってきます。

あなたに合っているネット環境

自分の環境とライフスタイルに合わせた回線選びをしましょう。

    • 固定回線の利用がオススメな人
      「超高速通信が必要」「複数人での利用」「ヘビーユーザー」

固定回線の詳細はこちら!

    • モバイルルーターの利用がオススメな人
      「場所を選ばず外でネットを使いたい」「すぐに使用したい」

モバイルルーターの詳細はこちら!

このページの先頭へ