インターネット回線の料金を安くする契約方法!

あなたのご家庭に「ネット環境」はありますか?

一昔前までは「ADSL」が主流となっていましたが、今では「光回線」や「モバイルルーター」が登場し、より快適にインターネットが利用できるようになりました。

もちろん今現在もADSL回線のご家庭は多いはず。

とはいえ、最近のネットコンテンツは「高速通信を前提」としたものが多く、ADSLの速度では対応しきれなくなってきました。

逆もしかりで、殆どネットを使わないのに「光回線を契約している」方もいらっしゃるでしょう。

 

このまま放っておくと、結果的に損をします。

ということで、今回のテーマは「ネット契約の見直し」です。

あなたのネット回線、本当に今のままで大丈夫ですか?

スマホユーザーはWiFi環境を導入しよう

LTEや3G回線が使えるスマートフォンですが、どこに居ても高速通信が可能な半面、「速度制限」を常に気にしなければなりません。

速度制限は「7Gバイト」を超えると適用される仕組みになっていますが、「一定の金額」を払えば「7Gバイト以上使える」ことをご存じだったでしょうか?

なので、人によっては速度制限を解除するため、毎月余分にお金を支払っているかと思います。

正直言ってかなりもったいない話なので、速度制限が気になるなら最初から「WiFi」を自宅に導入することをオススメします。

例えば毎月5000円程度余分に支払っている方なら、同等の料金でインターネットが実質使い放題のWiFiを契約することができます。

自宅でWiFi、外でLTEと3Gという具合に使い分ければ、速度制限のリスクをかなり減らすことができます。

「もしかして損してる!?」と思った方は、WiFi環境の導入を検討してみましょう。

使用頻度によってネット回線を選ぶ

自宅のネット契約を一度見直してみると、「やっぱり高いな…」と思った方も少なくないでしょう。

特に光回線などの「固定回線」です。インターネットの使用頻度は人それぞれですが、上述のように殆ど使っていない方は現時点で損をしているかもしれません。

その場合、月額料金の安い「ADSL」に変えるか、安くて持ち運びのできる「モバイルルーター」に変更すると良いかもしれません。

ADSLは料金こそ格安なものの、「通信速度が遅い」というデメリットがありますが、使用する分には問題ありません。

逆に「もっとサクサク動画を見たい!」、「サイトの読み込みが遅い!」と言う方は光回線を代表とする固定回線をオススメします。

固定回線は月額料金こそ割高なものの、「安定性」が高く、「通信速度もズバ抜けて速い」のが特徴です。

月額料金が割高になりますが、より快適にネットを使いたい方は検討してみると良いでしょう。

モバイルルーターは料金も固定回線よりも「平均2000円~3000円安く」、持ち運べるので「外出先でもインターネットが利用できる」というメリットを持っています。

いずれにせよ、現時点より月々の支払いが安くなるので、ネットの使用頻度は契約変更をオススメします。

 

【比較】固定回線とモバイルルーターどちらがいいのか?メリットを知って正しく選ぼう!

このページの先頭へ