ペットや赤ちゃん見守りカメラ!外出先からモニターで確認!

癒やしワンちゃん
「赤ちゃん一人で大丈夫かしら…」

「うちのペットお利口さんにしてるかな…」

自宅に誰もいない間、赤ちゃんやペットが心配になるもの。

誰か一人でも家に居てくれれば良いですが、それぞれ仕事や学校があるので中々難しいですよね。

 

先日、「遠隔操作をして自宅をモニターできるカメラ」が発表されました。

それだけなく、パソコンのウェブカメラを使ったモニター方法、

スマートフォンのアプリを使ったモニター方法など、WiFiを使って「外出中に自宅内を見ることができる方法」が話題になったのです。

 

これを利用することにより、仕事の間に赤ちゃんやペットの様子をチェックできる他、監視カメラとして利用することで防犯対策にもなります。

ここでは、予算に合った「WiFiを使った自宅をモニターする方法」を紹介します。

コスト別のモニター方法を紹介

まず、低コストで一番簡単に導入できるのが「ウェブカメラ」を使った方法です。

ウェブカメラをパソコンに接続し、撮影している映像をリアルタイムでパソコンやスマートフォンで閲覧することができます。

 

これは専用ソフトを使って生放送を配信する技術を使ったもので、ソフト自体は無料となっているため、実質用意するのはウェブカメラだけとなります。ちなみに、ウェブカメラを標準搭載しているノートパソコンがあるなら改めて購入する必要はありません。

 

この方法は最も低コストで導入できる半面、「常にパソコンの電源を入れておかなければならない」という欠点があります。

なので、電気代が気になる方は別の方法が良いかもしれません。

次に、「スマートフォンのアプリ」を使った方法を紹介します。

これは上記のパソコンをスマートフォンに流用した方法ですが、パソコンよりも消費電力が少なく、「古いスマートフォンを再利用」できるというメリットがあります。映像はブラウザから閲覧することができる他、複数人が同時に接続することも可能です。

デメリットは「映像の解像度が低い」、「スマートフォンが必要」、「カメラの方向を変えることができない」などです。

 

最後に、これらの問題点を改善したのが「自宅モニター用カメラ」です。

専用のカメラと、それをWiFi経由で操作する専用アプリを同時に使うことで、高画質で精度の高い映像をリアルタイムで見ることができます。

怪しい動きや物音があった場合、「自動的に録画」する機能も搭載しているのが特徴です。

室内が暗い場合、音声だけを自動録音するなど、防犯対策としてもトップクラスです。WiFiを経由してYoutubeに映像ファイルを自動アップロードする機能を搭載している製品もあります。

ちなみに、遠隔操作でカメラそのものを動かすことができるので、様々な方向からモニターすることができます。

自宅にいる赤ちゃんやペットの寝顔も、仕事の休憩中に操作一つで見ることができる訳です。導入は比較的高コストになりますが、WiFiを使って守中の自宅をモニターできると考えれば、安いものではないでしょうか。

このページの先頭へ