持ち歩けるポケットWiFiが便利!メリットまとめ!

「WiFiを持ち歩こう!」というユーザーが増えていることをご存知ですか?

WiFiといえば、自宅や出先のホテルやカフェにあるスポットを利用するイメージがありますが、そのスポット自体を持ち運ぶことが可能です。

それを実現するのが「モバイルルーター」という機器です。

いつでもどこでも「持ち運べるWiFi」

モバイルルーターは「持ち運べるWiFi」として非常に人気が高く、各キャリアが様々なサービスを提供しています。

そんなモバイルルーターと「タブレット」を同時に持ち歩き、大画面でインターネットを利用するのが最近の流行りです。

そもそも、WiFiを持ち歩くことのメリットは、「どこでも高速通信が可能」ということです。

 

一般的な3Gの何倍ものスピードで通信することができ、動画のダウンロード、写真のアップロードなどもサクサクこなすことができます。

タブレットのアプリによる「地図の閲覧」や、「グルメ検索」、「カーナビゲーション」などもできるので、旅行に持っていくと非常に便利です。

モバイルルーターの持つメリットは?

また、「複数台で使える」のもモバイルルーターの特徴です。

1台あれば、スマートフォンからタブレット、パソコンまで、様々な機器をインターネットに接続するこができます。

誰かが1台所有しているだけで周りの人もWiFiを利用することができるため、家族旅行はもちろん、出張先でも重宝されるのではないでしょうか。

 

ちなみに、スマートフォンに搭載されている「デザリング機能」を使うことで、スマートフォンがWiFiアクセスポイントになることをご存じでしょうか。

 

有名なのがAppleのI Phoneで、搭載されているデザリング機能を使えば、お手持ちのタブレットでインターネットを利用することが可能です。

ただ、デザリングの弱点は「スマートフォンの充電がすぐに切れる」という点です。

使ったことがある方ならわかると思いますが、本体が熱を持ち、短時間で充電が無くなっていくのです。

なので、長時間のデザイング使用は充電できる環境が必要になります。

 

それに対してモバイルルーターはスマートフォンのデザリングよりも高速通信でインターネットを利用できる上、短時間の充電で長持ちします。

これらの理由もあって、I Phoneとは別にモバイルルーターを持つ方も多いです。

大画面のタブレットと、どこにいてもWiFiが使えるようになるモバイルルーターを組み合わせると、より便利で快適な日常生活を過ごすことができるようになります。

今現在自宅だけでタブレットを使っている方は、「持ち運べるWiFi」を検討してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ