WiFi×家電のIoT家電が便利!乗り遅れるな!

「自宅にWiFiを飛ばそう!」というCMから月日が経ち、今では多くの家庭に無線ルーターが導入され、WiFi環境が整えられているのではないでしょうか。

自宅のどこにてもインターネットが利用できる上、高速通信により大容量のデータもサクサク読み込むことができます。

今となっては、WiFiが生活の中心にあるといっても過言ではないでしょう。

そんなWiFiを利用した「未来の製品」が家電業界を中心に、続々と登場していることをご存じだったでしょうか。

WiFiの通信技術はインターネットを利用するだけでなく、様々な製品に利用されています。ここでは「WiFiの未来のカタチ」とも呼べる、最新WiFi製品を紹介します。

WiFiを活用した未来の家電とは?

WiFi対応ヘッドマウントディスプレイ

まず紹介したいのが「WiFi対応ヘッドマウントディスプレイ」です。

一見するとSF映画にでも登場しそうなアイテムですが、頭部に到着することで、より臨場感のある映像を楽しむことができるディスプレイ製品です。

WiFi対応ヘッドマウントディスプレイは、インターネットから更新情報をダウンロードすることで、常に最新の状態で利用することができます。

また、地図アプリや電子書籍リーダーアプリ、動画再生アプリなど、様々なアプリを使うことができるのも特徴です。

WiFi対応ヘルスケア製品

次に、紹介したいのが「WiFi対応ヘルスケア製品」です。

いわゆる「WiFiで健康管理」ができる製品ということになりますが、代表的なのが「体重計」です。最新の体重計はWiFiを経由して独自のサーバにアクセスし、「自動的に健康データを記録」してくれます。

面倒な健康管理は全て体重計に任せるだけです。

サーバに送信されたデータはスマートフォンやパソコンから確認することができ、体重や体脂肪の変化をグラフにして表示してくれます。

「最近太ったな…」と思っている方は、導入してみてはいかがでしょうか。

WiFi搭載SDカード

また、「WiFi搭載SDカード」も注目を浴びています。

デジタルカメラではなく、データを記録するSDカードそのものにWiFi機能が搭載されており、カメラ本体から写真データをパソコンやプリンターに送信することができます。

データを移すのが面倒、という方にオススメの製品でしょう。

この他には、話題の「クラウド」を使ったストレージシステムも注目されています。

これはファイル(テキストファイル、音楽ファイルなど)を予めサーバー上にアップロードしておくことで、欲しい時にパソコンやスマートフォンからダウンロードして使います。

これにより、たくさんの持ち歩く必要が無くなりました。他人とのファイル共有もラクラクです。

このように、WiFiを利用した最新製品はたくさんあります。

現時点で驚く物ばかりですが、これから開発が進むことにより、もっと画期的で便利なアイテムが発表されるのではないでしょうか。

このページの先頭へ