電子書籍と紙の本の違い!普及しない理由がわからない

重い本を持ち歩くなんて嫌だ!電子書籍ですべて本の持ち歩く!
「読書が趣味」と言う方は、一カ月に「平均10冊程度」の本を読むそうです。

ページ数にもよりますが、分厚い超編小説となると、持ち歩くのも一苦労ですよね。

「この本、もう少し軽くならないかな?」と思った経験もあるのではないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのが、「電子書籍」です。読書好きなら間違いなく知っている言葉かと思います。

ですが、電子書籍は読書好きから敬遠されているのも事実です。その理由として、「活字を読みたいから」といったことがよく挙げられます。

一般書籍と電子書籍の違い

そもそも、一般書籍のメリットは「活字が読める」、「紙の質感がいい」、「読書気分が味わえる」といったことでしょう。

その反面、「本によっては持ち歩くのが大変」、「暗いところで読めない」、「収納が大変」といったデメリットも存在します。

電子書籍のメリットは、「ありとあらゆる書籍が読める」、「持ち歩くのも楽々」、「暗い所でも読める」、といったことです。

デメリットは、上述にもある「活字感が無い」ということでしょうか。

これらを比べてみると、月に1冊程度の本を読む方ならともかく、月10冊以上の本を読む方は電子書籍の方が便利なように感じます。

電子書籍は新書や小説、マンガからグルメ本まで、ありとあらゆる書籍を全て持ち歩くことが可能です。

電子書籍を閲覧するには「電子書籍リーダー」という物が必要になります。

これは電子書籍を快適に読めるように作られたタブレット型端末で、物によっては「紙の質感」を忠実に再現した画面に、「電子インク」を使って活字を再現している製品もあります。

これにより、本物の「紙の本」を読んでいるような感覚になり、電子書籍に切り替えた読書好きも多いです。

最大の欠点である「活字感」さえ改善されれば、電子書籍を選ばない理由は無いのではないでしょうか。

ちなみに、専用のリーダーでなくても電子書籍を読むことは可能です。

「i Pad」や「Nexus」、「Kinddle」といった定番のタブレット端末で電子書籍を読み込むことができるので、持っている方は改めて電子書籍リーダーを買う必要はありません。上述のように、「紙の質感」に拘りたい方は購入すると良いでしょう。

いかがだったでしょうか?

電子書籍は電車でも、カフェでも、仕事の休憩中でも、リーダーやタブレット端末さえあればどこでも楽しむことができます。

電子書籍をまだ試したことが無い読書好きの方は、一度WiFiを使ってダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ