WiFiルーターで複数台の機器の接続可能です!

複数つなぐ

「LANケーブルの抜き差し、面倒だなぁ」、「タブレットをネットに繋ぎたい…」と思ったことはありませんか?

固定回線の場合、ルーターやハブが無ければ複数の毎回LANケーブルを抜き差しする必要がありますよね。

ましてや無線が飛んでいないご家庭の場合、タブレットなどの無線LAN専用端末をインターネットに繋ぐことができません。

 

これらの問題を解決してくれるのが「WiFi」です。

 

WiFi環境が整っているご家庭なら、LANケーブルの面倒な抜き差しが必要ない上、端末の種類に関係なく、同時にインターネットに接続することができます。

ここではWiFiがいかに便利な物か解説すると共に、「WiFiに接続できる機器の種類」を紹介します。

WiFi×タブレット端末が今アツい!

WiFiに接続できる機器といえば、「パソコン」「タブレット端末」「スマートフォン」「WiFi対応家電」など、様々な物があります。

どれもWiFiと組みわせることで、性能や機能をフル活用できる機器ばかりです。

中でもオススメしたいのが「WiFiとタブレット端末」の組み合わせです。

 

冒頭でも軽く触れましたが、一般的なタブレット端末には「LANジャック」が無いので、無線LANを使ってインターネットに接続することになります。

 

つまり、タブレット端末をフル活用するためには、WiFi環境が必ず必要になるということです。

ネットサーフィンにしろ、アプリのダウンロードにしろ、WiFiが無ければ利用することができません。

タブレット端末はタッチ操作により、どの年齢層の方でも使いこなせるのが魅力です。

 

そのため、タブレット端末は年々市場シェアを拡大しています。

ご家庭におじいちゃん、おばあちゃん、お子さんがいらっしゃるなら、タブレット端末をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

意外と知られていないWiFi×スマートフォンの接続メリット

スマートフォンはLTEや3G回線を契約していれば、基本的にはどこにいてもインターネットに接続することができます。

その反面、「データ通信制限」などを気にしながら使わなければなりません。

 

そんなスマートフォンですが、WiFi回線を利用することにより、上記の「制限」を気にしないで使用することができます。

スマートフォンからWiFiを経由すれば、毎月のデータ通信量がカウントされなくなります。つまり、どれだけ使っても「制限がかからない」ということです。

 

このメリットを利用して、自宅にいる間に「動画や音楽をダウンロード」し、外出先ではLTEや3Gで「ネットサーフィン」という使い方をしている方が増えています。

これなら毎月の制限量を超えることが殆ど無くなるので、自由気ままにスマートフォンを使うことができるのです。

 

あなたもWiFiを導入して、快適なスマホライフを送りましょう

このページの先頭へ