フレッツ光とドコモ光の違いを比較!失敗しないための知識

「ドコモ光」最近CMでよく見るようになりましたね!

「ドコモ光でdocomoのスマホも安くなる!」

と一言言われただけでは他の回線とはどう違うのか

実際に変えるべきなのか迷いますよね

その詳細を聞きたいと思い

「ドコモショップ」や「家電量販店」の店員さんに聞いても

良いことしか言いません

実際に利用している人に聞いても、

「店員さんに色々言われたけれどあんまりわからない」

最終的に聞いているのも面倒になってしまってなんとなく決めてしまった!

という人も多いですよね

そこで、この記事では

  • 「ドコモ光」はいちばん有名な回線であるフレッツ光と比べたときどう違うのか
  • 最終的に「ドコモ光」に変えるべきなのか?

をわかりやすくまとめてみました!

現在、光回線選びに迷っている方はぜひこの記事を参考にしてください。

ドコモ光とは?

ドコモ光は大手携帯会社NTTドコモが行っている「光回線」の事業です。

大手光回線業者「フレッツ光」も「ドコモ光」も同じで、自宅でパソコン、タブレット、ゲーム機、スマートフォンをつなぎ快適なインターネットを行うためのサービスです。

光回線の事業はいくつかあるけど他の光回線とどう違うの?

最も光回線の大手である「フレッツ光」と比較します。

一つずつその違いを比べていきましょう

  • 月額料金
  • スマートフォンの割引
  • 初期費用
  • キャッシュバックキャンペーン
  • その他の特典

これらを順番に、比較していきます。

月額料金

料金は一戸建てかマンションかで料金が異なります。

  一戸建て マンション
フレッツ光の月額料金 6100円 4150円
ドコモ光の月額料金 5200円 4000円

その差を比べると

一戸建ては毎月900円の差(1年だと10800円)

マンションは毎月150円の差(1年だと1800円)

ドコモ光のほうが安いです。

 

なぜ同じネット回線なのにこれだけ値段の差が生まれるのかというと

「フレッツ光」は回線とプロバイダー料金が別だからです。

一戸建て 6100円

の月額料金の内訳を見ると

回線業者 5000円

プロバイダー 1100円

となっています。

 

プロバイダーとは?

光回線へスムーズに繋がるように設定してくれる業者の事

高速道路を例にすると

高速道路・・・光回線

高速道路を利用するための料金所・・・プロバイダ

のように例えるとわかりやすいと思います。

つまり「ドコモ光」の場合は直接インターネットを利用できる。
※プロバイダーを変更することも出来るが、もともとのインターネット料金が含まれているんので別で請求されることはない

スマートフォンの割引

ドコモ光のほうがフレッツ光より安いということが月額料金だけでもわかりましたが

しかし、フレッツ光と比較するとドコモ光以外にも安いところは他にもあります。

その中でも、ドコモ光を利用する理由は

スマートフォンとセットでお得になるからです。

セットの割引価格はスマトーフォンの通信量プランによって異なります。

家族でシェア

通信量プラン 割引額
100GB 3200円
50GB 2,500円
15GB 1,800円
10GB 1,200円

一人で利用

通信量プラン 割引額
30GB 1,100円
20GB 900円
5GB 800円
2GB 500円

家族シェアパックに入っているかでも変わります。

家族でシェアプランに入っていて100GBのプランを利用していたら
ドコモ光と利用することで3200円も割引になります。

年間だと38400円の割引です。

一台を契約している人は

500円~1100円も割り引かれ

年間だと6000円から13200円も割引になります。

ドコモを利用している人で自宅に光回線を検討している人は「ドコモ光」以外の選択肢はないと言っても過言ではないでしょう。

初期費用

光回線を自宅へ引くときに気になるのが工事の費用ですよね

月額使用量が安くなるにも関わらず最初の初期費用として数万円も出費があるのでは厳しいですよね

ですが、その心配はありません。

現在、フレッツ光はキャンペーンをおこなていて工事費が無料なのです。

通常時にかかる工事用は15000円~18000円です。

更に、すでにフレッツ光を使っていて、「ドコモ光に変えたい」場合は「転用」ができ
工事をすることなく、フレッツから、ドコモ光に切り替えることができます。

キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバックのキャンペーンで一時期払いすぎだと問題になり現在では全く見ることがなくなりました。

しかし、だからといって現在キャッシュバックがなくなったのかというとそうではありません。

現在はドコモポイント「10000P(10000円分)」が付きます。

スマホの料金、回線の料金も安くなり、キャンペーンで工事費もかからずに、ドコモポイントがつくので現在転用や契約に悩んでいる人は今すぐに変えたほうがいいでしょう。

キャンペーンは時期ごとに変わるのでいつまで工事無料キャンペーンが利用できるかはわかりません。

その他の特典

光回線を契約して、いざパソコンやタブレット、スマホを接続しようと思ったときに無線ランがない!

というエピソードをよく聞きます。

誤解している人が多いのですが、光回線の工事は「有線」の工事まで!なのが一般的です。

なので、無線で利用したい場合は、「無線LANルーター」を用意しなくてはなりません

用意する方法は、有料オプションで「レンタル」か電気屋さんで「購入」の2択の場合が多いです。

しかし、これもドコモ光なら無料にする方法があるのです。

ドコモ光は価格にプロバイダー料金が含まれているが「選べる」と先ほど書きました。

おすすめは「GMOとくとくBB」というプロバイダーです。
本来、購入するか月額料金に上乗せしてしか方法がなかった「無線WiFiルーター」をタダで利用できます。

他のプロバイダや電気屋さんでの調査でこのようなサービスを行っているプロバイダはなかったので、ドコモ光の契約を考えている人は「GMOとくとくBBを利用しましょう。」

リンク

「ドコモ光」の気になる口コミと対策

光回線なのに遅い!

この問題を抱えている人は光回線の問題というよりは、プロバイダーが原因であることが多いです。

プロバイダだけで20社以上の会社があり、選ぶのは難しいと思います。

口コミを調べた所遅いと言われている業者はV6プラスではないことがほとんどです。

この問題は有名な業者であっても例外ではありません。

先程高速道路を例に上げましたが、高速に乗り込むための料金所が混み合っていると光回線に乗るまでに時間がかかり結果的に遅くなってしまうようです。

簡単に言えばV6とは乗り込み口の多いプロバイダということです。

解決するためにはV6の業者を選べば問題ありません。

「GMOとくとくBB」ならV6に対応!詳細はこちら

逆にドコモ光をおすすめしない人や注意点

オススメできない人を正直にお伝えします。

  • 光回線が届きにくい高さのマンションに一人で住んでいる場合
  • 自宅でのネット回線を利用しない人
  • これからドコモをやめたいと考えている人

ドコモ光に申し込みをする際の2つの注意点

現在利用している回線の違約金には注意する

工事を行う場合は早めに予約する

年末年始やGWなどの長期休暇には工事の予約を入れる人が多いので

早めに!

「ドコモ光」申込み方

店舗

プロバイダーを自動で決められてしまう。

家電量販店と契約しているプロバイダーを進められます。

選べない

ネット

店舗とは違い複数のプロバイダーがありますがそのすべてを見てみると200社以上あります。

これでは多すぎです。そこで見比べた結果をご紹介します。

私がおすすめするプロバイダ

おすすめプロバイダは「GMOとくとくBB!」です。

無線LANが無料でレンタルできる点!

他のプロバイダではこのようなサービスを見つけることができなかったため
無線LANを使用して光回線を使用したい人はおすすめできます。

光回線が遅かった場合!に保証してくれる

光回線は早い!と言っても、場所やプロバイダによってスピードが異なる場合があります。

GMOとくとくBBはV6対応なので基本的には早いですが、それでも遅い!と感じたら
支払った費用を返金してくれます。つまりそれだけ自信があるということ速度保証を行っているプロバイダは他にはありません

光回線をドコモ光に決めた!プロバイダはどうしようとお悩みの方は
「GMOとくとくBB」を選んでみてください。

このページの先頭へ