無制限ポケットWiFiを選ぶ前の注意点!得する契約方法【2018年5月】

「ポケットwifiを無制限で使いたい!」

多くのキャリアからポケットWiFiが出ていますが、2018年4月現在「完全無制限のポケットWiFi」はありません。

でも「”無制限”と書いてあるのを見たことがあるよ」

という人も多いのではないでしょうか?

 

この様な場合に「無制限」とついている場合があります。

 

・スマホキャリアなどにある7GBの制限がない→制限なし※月7GBの制限がない※1日あたりの通信量や3日あたりの通信量には制限を設けている

・制限がかかってもスマートフォンでかかった時ほど低速ではない→低速通信にならない→そこまで遅くない→実質制限なし(のように使える)

・通常利用では到底使い切れない通信量→実質無制限※3日で10GBまで制限なし(1カ月あたり100GB利用可能)

 

などの「条件付き」+「無制限」と表記され、様々な言い換えで、過大広告となっているキャリアが多いので注意してください。

「完全無制限」ではなく「条件付き無制限」という意味で表記されている場合がほとんどです。

 

残念ながら、通信制限にかからない「完全無制限」のポケットWiFiは現在(2018年4月現在)はありません。

 

完全無制限のポケットWiFiはないという事実を知って残念と思われた方も多いと思います。

 

しかし、「ほぼ無制限のように使えるキャリア」から選ぶことで問題は解決することが出来ます!

多くの人に選ばれているキャリアと安さにダマされないための注意点をご紹介します。

 

目次

ほぼ無制限ってどういう事?そのキャリアってどこ?

まずはほぼ無制限について。それからキャリア詳細。順を追って説明します。

 

ほぼ無制限とは?

ポケットWiFiのページを見ると「実質無制限」と書かれているキャリアがあります。

「実質無制限」=無制限ではないけれどほぼ無制限の様に使えます。ということです。

 

通常利用「サイトの閲覧」「動画鑑賞」「アプリ使用」なら制限にかからず問題なく使える通信量という認識で大丈夫です。

 

具体的には

スマートフォンの様に月に7GBまでみたいに月単位での上限はなく

3日10GBというかなりゆとりのある上限を設けているであるということです。

 

その様な「実質無制限」とうたっているキャリアは「WiMAX」

他のキャリアでは月7GBの制限だったり、使いすぎると通信制限にかかりますというキャリアが多い中で

唯一「実質無制限」のキャリアはWiMAXです。

実質無制限の詳細

・3日10GB制限(通常利用では超えない通信量)

 3日の間に10GBが利用できる。たとえ10GBを越えてしまっても翌日には制限が解除される

・1カ月(31日)として計算すると100GB使える

計算上3日で10GBなので1日で約3.3GB

1カ月(31日)に換算すると約100GB利用できるということです。

 

 

スマートフォンの上限が一般的に月7GB。

WiMAXは月100GB使えるので14倍使えるということです。その様に考えるとかなり多いことが分かります。

ポケットWiFiなのでスマホ同様、自宅でも外出先でも、スマホに接続することが出来るのでスマートフォン+100GBと考えることも可能です。

 

しかし、「3日で10GB」「1カ月100GB」と言われても、

分かりにくいので「実際にどのくらい使えるのか具体的な例がないと不安だ」という人もいると思います。

 

3日で10GB。1カ月100GBで具体的に何が出来るのか紹介します

また100GBでの図も表示しておくね。自分の使い方と照らし合わせてみてください。

これだけ使えれば安心だと思います。

通常利用でこの上限を越えることはなかなかないと思います。

実際に、今あるポケットWiFiで100GB程度の通信容量があり、比較的安い料金で仕様できるキャリアは「WiMAX」以外ありません。

 

これ以上の通信環境を求める場合には「光回線(固定回線)」しかありません。

固定回線は工事を行った自宅のみでの利用ですが、制限なく利用できます。

 

ポケットWiFiにこだわらず光回線(固定回線)も視野に入れて比較検討したい人はこちら#

ポケットWiFiではなく光回線(固定回線)から選ぶ人はこちら#

 

沢山の種類のあるWiMAXからどのキャリアを選べばいいのか

WiMAXぜひ使ってみたいと思った人も多いと思います。

しかし、いざ「WiMAX」を調べてみると

「UQWiMAX」

「GMOWiMAX」

「BIGLOBEWiMAX」

「Broad WiMAX」

など「〇〇WiMAX」と色んな種類が出てききます。

これらの違いを知っていなければ、どのキャリがいいのか迷ってしまいます。

 

複数の「WiMAX」から選ぶべきキャリアは「Broad WiMAX」

結論から言うと「Broad WiMAX」がおすすめです。

またすぐに利用を開始したい人にもBroad WiMAXがおすすめです。

 

インターネットのない生活は今や考えられないと思います。

新生活の始まりや、新しい職場での仕事など、ネットが今すぐにないと不便と思われる人も多いと思います。

Broad WiMAXは申込み後、最短当日、即日利用が可能です。

・申込みをして、近くのWiMAXの店舗に取りに行く
・WiMAXのバイク便サービス(有料)を利用し届けてもらう

方法があります。郵便で送って貰う場合には3日〜1週間程度で利用開始できますが、「今すぐ」という場合にも対応しています。

 

今すぐ契約したい人はこちら

Broad WiMAXの詳細はこちら

 

 

なぜBroad WiMAXなのか

「UQWiMAX」は本家

「GMO」や「BIGLOBE」はキャッシュバックキャンペーンを行っている。

にもかかわらず「Broad WiMAX」がおすすめするのか疑問を持たれた方も多いと思います。

 

その様な理由を一つずつ疑問を解消していきます。

 

「UQWiMAX」を選ばない理由

WiMAXの本家が「UQWiMAX」です。

UQWiMAXがなければWiMAXは存在しません。

サービスの大元です。

・端末を決めたり

・電波塔を立てたりエリアを拡大したり

・店舗を作ったり

この様な本業に力を入れています。

この様な内容に人員を割いています。

つまり・・・お客さんへの営業まで行うのは大変です。

そこで、複数の会社に代理店として販売してもらう形を取っています。

それが「GMOWiMAX」「BIGLOBEWiMAX」「Broad WiMAX」です。

 

販売は代理店を中心に展開しているので「UQWiMAXでの契約は一番割高」です。

WiMAXという内容は一緒なのにもかかわらず料金が最も高い「UQWiMAX」は選ぶべきではないと言えます。

 

そのた代理店に当たるキャリアをそれぞれ見ていきましょう。

「GMO」と「BIGLOBE」と「Broad WiMAX」それぞれの大きな違い

3つのキャリア

大きく分けるとキャッシュバックが「あるか」「ないか」で分けることが出来ます。

 

キャッシュバックあり

・「GMO」

・「BIGLOBE」

 

「GMO」や「BIGLOBE」にはキャッシュバックがあるのにおすすめしない理由

「GMO」や「BIGLOBE」はキャッシュバックがあります。

キャッシュバックを強みに販売を行っているWiMAXの代理店であるのにおすすめしない理由をご紹介します。

 

月額料金は若干高めだけど、キャッシュバックを行うことができれば、一番安い!と表示されている

この表記に間違いはありません。

 

「安さを求める人は「GMO」や「BIGLOBE」を契約してしまっている人も多い・・・」のが現実です。

 

しかし、このキャッシュバック制度には知られざるワナが隠されています。

 

多くの人が誤解しがち「キャッシュバックの罠」

キャッシュバックにはいくつかのワナがあります。

この裏話を知っていないと、キャッシュバックという目先の「安さ」に騙されてしまいます。

注意してください。

キャッシュバック1つ目のワナ「すぐに貰えるわけではないキャッシュバック」

多くの人が誤解しているキャッシュバックのワナ1つ目は

「すぐに受け取れるわけではない」ということです。

GMOのキャッシュバックシステム

11ヶ月後にメールが届き、申請が必要です。

BIGLOBEのキャッシュバックシステム

契約後すぐアンケートに答え、その後11ヶ月後に申請を出す。

 

キャッシュバック2つ目のワナ「見逃したらもらえないキャシュバック」

この様に面倒な申請を、忘れた頃に行わなければならないということがキャッシュバックの難点です。

そこで、今のあなたに質問です。

最後に自分宛のメールを確認したのはいつですか?(LINEやMessengerではありません「メール」です)

 

仕事でのやり取りでメールを使用することはあるかもしれませんが

プライベートのやり取りでメールを使う人はおまり多くないと思います。

最近ではLINEなどのSNSを利用し、やり取りを行っていると思います。

 

しかしこの「キャッシュバック」は「メール」で届くので、日常的にメールチェックをしていなければ見逃してしまうという問題が起きます。

「キャッシュバックメール」は申請期間が限られているので、見逃してしまうと、キャッシュバックは受け取れません。

 

実際に受け取れなかった事例が多く多発しているから注意が必要です。

 

実際にキャッシュバックを受け取れた人は2~3割というデータも出ている。

これだけしか受け取れていないということは7~8割の人は「キャッシュバック」のワナに引っかかってしまっている人が多いということです。

 

この事実があるにもかかわらず、キャッシュバックを行い続けるキャリアもどうかとは思います・・・

 

この様な理由から「Broad WiMAX」が一番オススメなのです。

 

リスクを考えるとシンプルに安い「Broad WiMAX」がおすすめ

目立ったキャンペーンはないですが「月額基本料金」を安くすることで勝負しているBroad WiMAXがおすすめです。

 

キャッシュバックを行った「GMO」や「BIGLOBE」などの他のキャリアと比べると

総合的な料金を比較すると3年で計算するとその差は

「GMOとBIGLOBE」と「Broad WiMAX」の差

 

キャッシュバックを受け取れれば「約9000円」程度。

もしキャッシュバックを受け取れなければ「約-20000円」というリスクです。

※こまめなメールチェックが必須です。

さらに、長く使えば使うほどその差は縮まっていきます。

 

月額基本料を安くするという最もシンプルな方法で行っている。

キャッシュバックなどの面倒な手続きもなく安心して、安く長く使い続けることが出来るのです。

 

Broad WiMAX詳細はこちら

自分の使いたいエリアとかでは使えるのか確認方法

WiMAXのエリアはこちらから調べる方法を紹介します。

都心など多くの場所では問題なく利用できます。心配な人は事前に確認しておきましょう。

 

エリアを確認したけれど、なんだか微妙な地域。

または契約後、実際使ってみたら家の中だけだった・・・なんてこともあるかもしれません。

 

Broad WiMAXだから出来るお試し「WiMAX」

ポケットWiFiには「完全無制限」のキャリアはありませんが、

自宅に工事をして接続する「光回線」では完全無制限のキャリアは多くあります。

光回線(固定回線)が向いている人にはこの様なユーザがいます。

・自宅でテレビ電話など長時間(60分)利用する
・ゲームでの通信対戦や高画質映画(ネット経由でダウンロード)等の高速通信を利用する場合
・利用者が複数人いるファミリー
・自宅でのみWiFiを利用する

この様な場合には、光回線の方がおすすめな可能性があります。

Broad WiMAXの販売会社はポケットWiFiの他にも「光回線」も行っています。

「実際に使ってみたけれど光回線の方が良かった」となった場合には違約金なしで変更できます。

 

どのWiFiもつながらないという最悪の事態は避けられるのです。

 

試しにWiMAXを使ってみて、返品したいとなっても契約後8日以内なら返品も可能です。

 

どちらがいいのだろうと迷っている方は、まず「WiMAX」を利用して合わなければ「固定回線」に切り替える順序で利用を始めることをおすすめします。

この様な決め方なら、ポケットWiFiと固定回線で迷っている人も安心して使い始めることが出来ます。

まず、お試しという感覚で試す事ができるで安心です。

 

WiMAXを契約の注意点!とここだけのお得な裏技

WiMAXを契約する時の注意点は3つあります。契約前に確認しておきましょう。

 

・最新の端末を選択する

・不要なオプション

・最初に有料オプションをつけると安くなる裏技

 

WiMAXの契約時の注意ポイント その1「最新の端末を選択する」

同じサービスなのに圧倒的に安い場合、そこには安いなりの理由が必ずあります。

契約機種は複数提示されることもありますが最新機種を選びましょう。

現在の最新機種は(W05)です。

家電量販店や実店舗では04や03をおすすめされることがあります。

これは、古い機種の在庫を抱えたくない業者が安さを強調して古い機種を売り切る戦略です。

最新機種ではバッテリーの持ちや通信速度の向上、使い勝手の良さなど以前よりも更に良く改善されています。

この様に一見安く見える、プランでもその背景には必ず裏があります。

ネット契約では、その様な事はありません。

 

チェックポイント!

2018年4月現在の最新機種は(W05)です。

 

WiMAXの契約時の注意ポイント その2「不要なオプションは外す」

契約時には不要なオプションがあります。

それは「クレードル」です。

WiMAXの本体を立てかけて利用できるというものです。

このオプションは必ず必要なものではありません。

コンセントにさし、テーブルや棚に置いておけば利用できます。

利用していく中でその状態が不便だと感じた場合にはAmazonなどのネットでも後から購入することも出来ます。

契約のページではクレードルがおすすめされますが、実質機能には影響がないので不要なオプションだと言えるでしょう。

 

チェックポイント!

「クレードル」は必須ではない!しっかり検討しよう

 

WiMAXの契約時の注意ポイント その3「最初に有料オプションを付ける裏技」

契約時のオプションは付ける(+ここだけの話にしてください)

契約時にオプションを付けるかつけないかを選択できます。

しかし、契約時にはつけましょう。なぜなら通常かかる端末代(18000円)程度が無料(0円)になるからです。

オプションをつけたら、月額費用が高くなってしまうのでは?

と思われる人も多いと思います。

ここだけの話

・・・「端末を手にした時オプションを解約が可能です」

契約時には端末代を安くするためにオプションを同時契約

その後、必要であれば契約していてもよいが、不要であれば手元に届いた時点で有料オプションのみの解約が可能です。

 

チェックポイント!

契約時の裏技で、端末代が無料!

 

これらのポイントをしっかり抑えて契約すれば一番オトクに利用することが可能です。

 

まとめ

・シンプルに月額利用料金が安い
・最新機種が利用可能
・即日利用が可能
・もしもの時の固定回線への変更も違約金なし

これらの理由でBroad WiMAXが一番おすすめです。

WiMAXの中で一番オススメ「Broad WiMAX」詳細はこちら

 

このページの先頭へ