意外に知らない?WiMAXとWiMAX2+の違い解説!速度やエリアを比較

WiMAXとWiMAX2の違い
「モバイルルーターのキャリア、どこにしようかな…」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

キャリアによってサービス内容が異なるため、自分にはどれが合っているのかは中々わかりませんよね?

そこでオススメしたいのが「WiMAX」というサービスです。
「モバイルルーター」で検索する必ずヒットする定番サービスですが、WiMAXの他に「WiMAX2」というサービスもあることをご存じでしょうか?

「この二つは何が違うの?」という疑問に思ったあなたのために、ここでは「WiMAXとWiMAX2の違い」を紹介すると共に、それぞれメリットとデメリットを考えてみます。

WiMAXとWiMAX2の大きな違い

まず第一に、WiMAX2は「WiMAXの上位互換サービス」だということです。

大きな違いとしては、「通信速度」が挙げられます。

  • WiMAXの通信速度は「下り最大40Mbp」
  • WiMAX2は「下り最大110Mbp」

なので、通信速度におよそ「3倍」の差があることになります。
単純な話、WiMAXで動画を1本ダウンロードしている間に、WiMAX2は同じ時間で3本ダウンロードできることになります。

この高速通信こそが、WiMAX2の魅力です。ネットを快適に使いたいなら、WiMAX2を選択するのがベストではないでしょうか。

WiMAXとWiMAX2、それぞれのメリットとデメリット

WiMAXには通信速度こそ遅いですが、「通信制限なし」という強みを持っています。

それに対してWiMAX2は「7Gバイト」の通信制限があるので、一カ月の間に7Gバイトを超える通信を行うと、極端に速度が落ちてしまうのです。

ただ、WiMAX2は「加入から2年以内はハイスピードモードの制限がなし」という非常に嬉しい特典があります。
つまり、2年間は「実質速度制限なし」で回線を利用することができる訳です。ちなみに、25カ月後は7Gバイトの対象になります。

また、月額費用もWiMAX2の方が割高になります。

これに関しては「2年割」という割引サービスを使用することで、結果的にWiMAXと月額利用料と変わらなくなります。ただ、「2年以内に契約を解除すると違約金が発生」するので注意しましょう。

そして、WiMAX2は都市部を中止にエリアを急速拡大中です。

WiMAXの弱点だった「地方」も、auのプラチナバンド帯であるLTEが使用できるので、総合的に見れば従来よりも使用できるエリアが広くなりました。
地方にお住まいの方でも安心して使うことができます。

このように、通信速度、速度制限、月額料金、エリア、全てを比較すると「WiMAX2が優れている」ことは確かなようです。

これからWiMAXを契約する方は、拘りが無い限りWiMAX2を選ぶことをオススメします。

おすすめのWiMAX詳細はこちら

このページの先頭へ