自宅にWiFi環境を作ることで出来る事!おすすめ無線LAN設置方法

「自宅でのWiFiはどの回線がいいのか?」

という部分を説明する記事は多く見かけますが、

現在「自宅にWiFiを導入することで何が出来るのか?」

ということが書かれている気は少ないですよね

 

そこで、この記事では

「WiFiで何が出来るのか?」を紹介してから「どの回線がいいのか判断する方法」

をご紹介していきます。

 

出来ることを飛ばして自宅に今すぐWiFiを導入したいという人はこちら

※記事の第4章「WiFi接続までの流れ」へ移動します。

 

何気なく利用しているインターネットですが

「WiFiとは何なのでしょう?」「また、WiFiで何が出来るの?」「どの回線が合ってるの?」

と曖昧なままでしっかりと理解できている人はいません。

 

曖昧なままで進めると回線選びには失敗します。

 

そうならないためにも基本的なところからご紹介しますので

まず、目次にざっと目を通し、気になった所はしっかりと読み込み、不要な所は流し読みしてください。

目次

無線インターネットとWiFiの違いは?

まず、まったく同じようなものに見える「無線インターネット」と「WiFi(ワイファイ)」について整理していきます。

 

正確に言えば、WiFiは無線インターネットの一種です。

結論的には、同じものだと考えていただいて構いません

 

WiFiは特定の条件を満たした無線に名づけられたブランド名のようなものです。

 

「WiFi」の他にはスマートフォンなどに用いられる「3G」「4G」「LTE」回線があります。

つまり、機能的にはほとんど同じものです。

 

そして、インターネットが通る電線、電波を発する基地局からの回線をキャッチし

WiFiを飛ばす機械を「無線LANルーター(ムセンランルーター)」と言います。

 

かつてパソコンを無線LANでネット接続していた、という方も多いでしょう。

以前から、私たちが当たり前に使用していたものですのでとくに難しく考える必要はありません。

自宅でWiFiを利用する方法は大きく分けて2つ

自宅でWiFiが利用できるにする方法は大きく分けて2つ

「光回線」「モバイルルーター」があります。

※以前は「ADSL」「CATV」などがあありましたが、現在も契約できますが、新たに契約するメリットはないでしょう。

どちらの方法でもWiFiを利用できます。出来ること、したいことからあなたに合った回線を選んでください。

 

それぞれの「光回線」「モバイルルーター」の違いメリット・デメリットはこちらの記事に記載してあります。

【比較】固定回線とモバイルルーターどちらがいいのか?メリットを知って正しく選ぼう!

WiFiを自宅につなぐことで出来ること

最近ではスマートフォンを利用してインターネットに接続し利用する人が増えていますね!

スマートフォンでも十分ネットを利用することできますが、この記事では自宅にWiFiをつなぐことで出来ることをご紹介します。

①タブレットやPCでインターネットが使える

自宅でWiFiを利用する多くの人はPC・タブレットでもインターネット利用したい!という人が多いです。

WiFiは、1つ契約しておけば複数台の機器を無線でインターネットにつなぐことが出来るので、とても便利です。

また、最近ではPCやタブレットだけでなく、スマホだけのユーザーも自宅にWiFiを導入する人が増えています。

なぜなら、自宅WiFiは通信制限にかからないからです。

スマートフォンは、通常プランでは7G制限

「ギガ放題」や「シェアパック」などに入っていても20~50GBとなっています。

つまり、どんなに大きなプランに入ってもスマートフォンには制限が存在します。

・YouTubeなどで動画鑑賞。
・大容量アプリをダウンロード
・スマホゲームなどをやりすぎる

この様な使い方をしているとスマートフォンでは通信制限がかけられてしまいます。

そこで「自宅WiFiは通信制限がかからない」ので「制限を気にしないで使える」という理由から多くの人に利用されているのです。

②動画再生機器を使いテレビで映画を見る

WiFiを利用して動画をみたいという人も多くいます。

無料サービスでは、YouTube、AbemaTV、ニコニコ動画などあり

最近では、HuluやNetflix、Amazonプライムなど様々な動画配信サービスが増えています。

これらのサービスはスマホやタブレット、PCで見ることが出来ます。

 

この事自体は知っている人は多いのですが、

 

動画再生機器「AppleTV」「Chromecast」「KindlefireTV」

を利用するとテレビで動画配信サービスを楽しむことができます。

 

YouTubeやニコニコ動画はもちろん、動画配信サービスもテレビで見れます。

しかもこれらの動画再生機器は、高速通信の出来るWiFiに接続して動画を再生するので、途中で止まることもなく大画面で見れるので快適です。

通勤・通学など外周先ではスマホやタブレットで動画をみる

自宅ではTVの画面を使って大画面映画鑑賞!

という事ができるので、自宅のWiFiを利用している人が多いのです。

③ゲームのネット対戦でWiFiを利用

任天堂SwitchやPS4などの家庭ゲーム機

マインクラフトやPUGBなどのPCゲーム

など自宅でゲームをする人が増えています。

 

もちろん、ゲーム機単体でも楽しむことは出来ますが

ネットを介して通信対戦をすることでさらに楽しむことが出来ます。

また、高グラフィックのゲームでは遅いインターネットを使っていると、ゲームがカクついたりします。
※以前の主流だった回線「ADSL」や「CATV」でゲームを行うのは厳しいでしょう。

光回線やモバイルルーターならサクサク通信することが出来ます。

一瞬一瞬の判断が伴う場合のゲームでは、ネットのスピードが勝敗を分けることもあります。

この様な理由から自宅にWiFiを導入する人も多くいます。

④スマートスピーカーやスマート家電(Iot家電)

「OKGoogle 電気をつけて」

「Alexa ルンバを起動」

などCMでお馴染みの、スマートスピーカーを利用するためにはWiFiが必要です。

  • Googleからは「GoogleHOME」
  • Amazonからは「Amazon Echo」
  • Appleからは「AppleHOME」※まだ販売されていません

など近年、大手各社から「スマートスピーカー」が販売されています。

「本体だけを購入すれば使えるんじゃないの」と誤解している人も多いのですが

スマートスピーカーを利用する最低限の環境

  • インターネット環境(自宅WiFi)
  • スマートフォン

が必要です。

「インターネット環境」と「スマートフォン」があることが前提でCMは作られています。

さらに合わせて、WiFiに対応した家電が必要です。

・接続する「Iot家電」・・・「ルンバ」「wifi対応電球」等

・WiFi経由で操作できるリモコン・・・「eRemote」等

が必要です。

WiFi経由で利用できるリモコンとは

普段利用する家電

  • 「テレビ」
  • 「オーディオプレーヤー」
  • 「照明(リモコン式)」
  • 「エアコン」
  • 「扇風機(リモコン式)」

などのリモコンは赤外線で操作しています。

その赤外線を「リモートリモコン(WiFi対応リモコン)に登録」することでネット経由から登録した家電を操作することができるものです。

WiFiとリモートリモコンの便利な使い方一例

  • 暑い夏帰宅前にスマホからエアコンを操作しクーラーをつけておく
  • スマートスピーカーで「おやすみ」というと照明やオーディオが消える。「行ってきます」などの登録も可能
  • 「映画モード」などと登録をしておくと、照明が消え、アンプが起動。などシーンに毎に一声で変更できる
  • 自宅を出たら(スマホGPSで感知)、ルンバが自動起動
  • スマートスピーカーに予定を伝えるとスマホのカレンダーに予定を追加
  • 「リラックス出来る音楽をかけて」リラックス音楽を選んでかけてくれる

など、まだまだありますが、ざっとこの様な事ができます。

かなり先進的なことのように見えますが

たった三つの環境

  • 自宅にWiFi環境を設置する
  • スマートスピーカー(6000円〜)
  • Iot家電

を整えることであなたもスマートライフをおくることが出来ます。

この様な使い方をするために、一人暮らしの方からファミリー、最近では高齢の方まで自宅WiFiの設置を行っています。

自宅にWiFiを接続する流れ

自宅にWiFiを接続する方法として「光回線(固定回線)」と「モバイルルーター」があることは先程説明しました。

それぞれインターネット接続までの流れが異なりますので事前に確認しておきましょう。

光回線(固定回線)でインターネットを利用するまでの流れ

この方法での接続の流れは

申込み→工事日を決定→工事&設定→無線(WiFi)設定

の順で行います。

この方法のメリットは、工事をすることでまず優先で自宅にネットを引き込み、無線を飛ばすので回線スピードが早く快適にネットが使えることです。

アパートやマンションの場合には、既に部屋にネットが繋がっており、申込みと無線機器の設定のみで使い始められるところもあります。※ない場合でも工事をすれば利用できます。

光回線をどこにしようか検討している方はこちらの記事を参考にしてください。

モバイルルーターでインターネットを利用するまでの流れ

もう一つの方法はモバイルルーターです。

モバイルルーター接続までの流れは

申込み→郵送→到着&使用開始

となります。

スマートフォンより一回り小さな機械でインターネットを使い始められます。持ち運びも可能です。
工事な不要なので今すぐに使いたい、外出先でも使いたい!という、社会人・学生、少人数での利用(2人暮らし)の人に選ばれています。

持ち運べるという所がメリット・デメリットになるかは使う環境次第です。複数人で利用する場合には向かないので、その様な人は「光回線」にしましょう。

モバイルルーターと光回線で迷っている人はこちらの記事

モバイルルーターを利用したい人はこちらの記事

WiFiをどこで申し込めばいいの?契約方法と注意点

自宅WiFiの申込み方法は

店舗で申し込む

  • 「スマートフォンと同時に申し込む」
  • 「家電量販店で申し込む」

電話で申し込む

  • 「公式ページから電話」
  • 「セールスの電話がかかってくる」

ネットで申し込む

  • 「スマートフォンで申し込む」

の方法があります。

それぞれの申込み方法の内容と注意点を確認していきましょう。

スマートフォンと同時に申し込む

店舗で契約する代表例の1つに「スマートフォンと同時に申し込む」という方法があります。

この方法で自宅にインターネットを引いている人は周りにも多いのではないでしょうか?

  • docomoなら「ドコモ光」
  • auなら「auひかり」
  • SoftBankなら「SoftBank光」

とスマートフォンと同時に契約するという契約方法です。

スマートフォンを買い替えるタイミングや新規契約する機会に同時に契約するという方も多いと思います。

この方法は、とても良い方法なのでぜひおすすめです。

しかし、2点注意して欲しいことがあります。

1店舗に並ぶ時間がもったいない

それは、スマホ契約と同時ではない場合です。

その場合には、実際に店舗に行く必要はありません。

わざわざスマートフォンの契約者と一緒に待ち、光回線の契約をするためだけに店舗に行くのは時間がかかります。

2光回線ではなくモバイルルーターの方があっている場合に注意

タブレットやPCを外出先で利用したい場合には、スマホとの同時契約をおすすめしません。

同時に契約できるのは光回線(固定回線)だからです。例「〇〇光」

WiFiに接続する方法は他にも「モバイルルーター」という選択肢があります

モバイルルーターなら自宅でも外出先でもWiFiを利用できます。

どちらが合っているのか判断をしてから契約しましょう。

また、固定回線は月額料金が高いです。

少人数での利用(2人以下程度)ではもったいない場合があります。

そこで自宅WiFiの選択肢としてモバイルルーターが出てきます。

このモバイルルーターは、ネット申込みで利用することが出来ます。

実質無制限で利用でき、おすすめできるモバイルルーターは「WiMAX」だけです。

店舗での契約は他社の良いサービスが合っても進めてくれない所がデメリットです。

各キャリアが出している「モバイルルーター」はおすすめしない

docomoからもSoftBankからもモバイルルーターがあると提案されますが

スマートフォンの回線を利用したモバイルルーターは通信制限があるので注意です。

せっかくWiFiを利用するのに制限があるのであれば、意味がありません。

auの場合にはWiMAXというキャリアを同時に契約できるのでWiMAXを選びましょう

※最新機種が契約出来るか注意してください。現在の最新機種は「W05」です。

ネットからなら最新機種を必ず契約できます。

最新機種が利用できるWiMAXの公式ページはこちら https://wimax-broad.jp/

家電量販店で申し込む方法

電量販店で「インターネット申込み!」と書かれた表示を見た人もいるのではないでしょうか?

近くの家電量販店に行ったついでに回線を契約!

という方法で契約する人も多いはずです。

しかし、この方法は一見手軽ですが、ただしい方法であるとは限りません。

なぜなら、家電量販店のブースでは過激なキャッシュバックやポイント還元など様々なトラップが存在します。

一見安くなる!と思われるこれらのキャンペーンですが、実はすべての人が受け取れないのが現実です。

キャッシュバックはすぐに受け取ることが出来るわけではないのはもちろんのこと

受け取る条件が

「契約後11ヶ月後のメールに届くURLから申請した場合のみ」

「キャッシュバック分月額料金に上乗せ」

「タブレット0円!(実は在庫破棄。端末代は通信量上乗せ)」

という契約までの流れの中では判断できないものまで多々あるのです。

実際に、お店で購入する人は、ネットで比較するということはしないだろうと思われています。

そこで、「その場で!」「キャンペーン」「0円」などのセールストークでタクミに誘導してきます。

冷静に比較検討する場合には、家電量販店をおすすめしません。

公式ページから電話

公式ページから電話する方法があります。

公式ページの電話番号からスマホや家の電話からかけて申し込むという方法があります。

既に、自分に合っている回線を比較済み

「私には光回線のNUROがあっている!」

「私にはモバイルルーターのbroadWiMAXだ!」

と既に心に固く決まっている人には良い方法でしょう。

「しかし、なんとなく電話で聞いてみよう!」という人は注意してください。

なぜなら、かけた先の回線があなたに合っていな場合でも電話先の人は一生懸命、説明してくれます結果的に他社のほうがおすすめでも決して進めてくれるわけではないからです。

合っていると断定できる回線が決まっていない場合、電話は危険です。

電話をするのであれば、どの回線にするか、比較し決定してからかけましょう。

セールスの電話で契約

突然の電話・・・「〇〇光にしませんか?」

この様に電話がかかってくることが多々あります。

これくらいシンプルに問いかけられれば「はい」「いいえ」と選択できるのですが、

実際には

  • 「あなたの家でネットが使えるのご存知ですか?」
  • 「スマートフォン最近遅いなと感じることありませんか?」
  • 「今ならセットで安くなります」

など、の誘い文句でタクミに誘導してきます。

 

一見いいかなと思ってしまった方は要注意。

 

「いいえいりません。」

と伝えても

「いまなら安く・・・」

 

「もう回線を決めています」

と伝えても

「そちらより安くなるかお調べします。」

と永遠にセールスが繰り返されます。

 

スキを見せた途端「では契約で」という形で進めさせていただきますね。と強引な場合も・・・

 

心に回線が決まっていない場合にはきっぱりと断りましょう。

この手の手法に有効なことわり文句は、

「息子がネット回線系の営業をしているので大丈夫です。」

「主人が家電量販店勤務なのでそのへんは任せています。」

と同業者の人が周りにいます。というニュアンスで断りましょう。

様々な方法を試しましたが、この方法を試した所その後かかってくることはなくなりました。

ネット経由で申し込む

インターネット経由で申し込むという方法があります。

他の方法を紹介しましたが、最も冷静に、焦らされることもなく決めることができる唯一の方法です。

この方法は、様々な種類の回線を比較して自分に合っているかをとことん調べてから申し込むことが出来ます。

光回線の場合には

  • スマートフォンのキャリアに合わせる
  • 途中追加契約の場合には、他のキャリアのほうがいいのではないか?

モバイルルーターの場合には

  • 現在はWiMAXがおすすめ
  • その中でも「Broad WiMAX」経由がシンプルに月額料金が安くなるのでおすすめです。

光回線の比較はこちら

光回線比較!失敗しない一番おすすめできる選び方!

モバイルルーターは比較の結果Broad WiMAXがダントツ!詳細はこちら

BroadWiMAXがおすすめできる理由!他キャリアでの契約時に潜むワナ

自宅にWiFiを設置した時の初期費用と月額費用の詳細

自宅にWiFiを接続する!となった場合、アパートやマンションでネットが無料で利用できるという条件である場合を除いて

初期費用と月額料金がかかります。しっかりとしたサイトから契約すれば問題ないのですが

店舗での契約などでは過剰にオプションが付けられていることがあるので平均的な利用料を事前に確認しておきましょう。

光回線の初期費用と月額費用の相場

光回線の料金は

初期費用23000円
月額利用料4000円〜6000円
程度が平均です。

内訳は

光回線の初期費用

事務手数料 3000円

工事費18000円程度

無線機器レンタル(月500円)or無線機器購入(5000円程度)

がかかります。

光回線の月額費用

月額利用料金4000円〜6000円程度です。

となります。

光回線の費用こんなところに注意

初期費用が0円の代わりに、月額料金が高いなんて場合もあるのでしっかりとしたところから契約しましょう。

モバイルルーターの初期費用と月額費用の相場

モバイルルーターの料金は

初期費用3000円

月額料金2700円です。

モバイルルーターの初期費用

申込時に事務手数料が3000円かかります。

その他に端末代が18000円かかりますが、現在は有料オプションを契約時につけることで0円になります。

※契約の裏技として、最初に有料オプションをつけて端末を受け取った後解除するも出来るので、端末代0円で月額利用料が安くするという使い方もできます。

モバイルルーターの月額費用

2700円です。契約後の継続月毎に値段が変わるので注意してください。

モバイルルーターはスマートフォンのキャリアやYmobileなどからも出ていますが、通信制限がかかるものが一般的で、今おすすめできるキャリアは「WiMAX」しかありません。

WiMAXの中でも、「GMO」「BIGLOBE」などがありますが「Broad WiMAX」がおすすめです。

なぜならシンプルに月額利用料が一番安いのはBroad WiMAXだからです。

理由はこちら

契約後のWiFiの接続は簡単!より簡単なのはモバイルルーターに軍配

契約後のWiFi設定が難しいのでは?と心配している人も多くいます。

しかし、実際には電源を入れてIDとパスワードを利用したい機器(スマホやタブレット、PC)で設定するだけです。

簡単、手軽さを考えるのであれば、モバイルルーターに軍配が上がります。

光回線のWiFi接続方法

光回線のWiFi接続方法は

無線LAN機器(WiFiルーター)の機種によって異なります。

利用するときには、画像で解説された冊子がついてくるのでそちらを読むことで、簡単に接続することが出来ます。

レンタル品や無線LAN毎に少し方法が違うのでここで説明することが難しいです。

基本的にはIDを選んでパスワードを入力することで使えます。

モバイルルーターのWiFi接続方法

端末が届いてから、電源を入れIDとパスワードを入れることで簡単に接続できます。

最新機種なら、本体とスマホをタッチするだけで接続できたり、アプリから設定できたりとより簡単に設定できるようになってきました。

簡単さや手間を考えるのであれば光回線よりもモバイルルーターの方が簡単です。

この記事を読み終えたあなたにおすすめの記事

光回線記事

光回線比較!失敗しない一番おすすめできる選び方!

モバイルルーター記事

WiMAXの目先のキャンペーンに惑わされない!失敗しない唯一のおすすめ

BroadWiMAXがおすすめできる理由!他キャリアでの契約時に潜むワナ

このページの先頭へ