工事不要インターネットの失敗しない選び方!知っておくべき注意点

「引っ越しが多く住む場所が定まっていない」

「回線工事がアパートで許可されていない」

「工事費用が高く支払うことが難しい」

このような理由で工事ができない人も多いのだと思います。

しかし今は、パソコンやタブレット、スマートフォンを自宅のインターネットに接続することが当たり前になっていますよね!

インターネットが快適に利用できないと、とても困ってしまいます。

WiFi博士
工事は難しいけれど、自宅でインターネットを快適に使いたい!

と思った人に失敗しない選び方をご紹介します!

工事なしでインターネットを導入するにはモバイルルーターがおすすめ!

自宅でインターネットを使うには「固定回線しか方法がない」と思っている人も多いですが・・・。

インターネットを新たに導入するには

  • 固定回線
  • モバイルルーター

この2つの方法です。

固定回線は工事が必要ですが、モバイルルーターは工事が不要です。

結論からお伝えすると、工事ができない人にはモバイルルーターがおすすめです。

工事不要ですぐに利用できるモバイルルーター「WiMAX」の詳細はこちら

固定回線とモバイルルーターの特徴

いきなりモバイルルーターがおすすめと言われても

A さん
本当にモバイルルーターは使えるのか?
B さん
固定回線とくらべてどう違うの!?

工事ができない人は、モバイルルーター一択ですが、固定回線とモバイルルーターのどちらも選べる人はさらに迷ってしまいますよね。

「固定回線」と「モバイルルーター」のどちらが合っているかを決めるためには、それぞれの特徴と違いを理解することが大切です。

それぞれのメリット・デメリットをまとめたので順にチェックしていきましょう!

固定回線(光回線)のメリット・デメリット

まず固定回線の特徴を見ていきましょう!

固定回線は自宅に線を引き込んでインターネットに接続します。

固定回線にはいくつかの種類がありますが、その中でも現在は「光回線」が主流です。

固定回線の最大の特徴は高速通信が出来ることです!

通信速度は最大2Gbps(無線使用時は600Mbps程度)にもなります。

※bpsとは1秒間に送受信できるデータ量を表しています。2Gbpsは1秒間に2Gのデータを送受信できます。

これだけのスピードがあればストレスなく高画質の動画やインターネットが利用できます。

今のところ固定回線(光回線)より速い回線は他にはありません。

しかし一方で、光回線工事をする必要があります。

開通までの流れ

申し込み→工事予約→工事→WiFiの設定→開通

このように工程が長く利用開始までに時間がかかるところがデメリットです。

固定回線の場合、実際にインターネットが使えるまで1〜2カ月かかってしまうケースもあります。

すぐにネットは使う必要はないけれど、自宅で高速通信を使いたい人には合っています。

固定回線は、おもに一戸建てに住んでいるファミリーによく選ばれています。

メリット ・高速通信ができる
・通信が安定している
デメリット ・インターネット導入工事が必要
・すぐに利用できない
・WIFIの設定が難しい

モバイルルーターのメリット・デメリット

モバイルルーターは携帯端末で電波をキャッチし、無線でインターネットに接続します。

最大の特徴は、申し込んで端末が届けばすぐに使い始められるところです。

端末だけでインターネットにつながるので、もちろん工事の必要はありません。

さらにバッテリーを内蔵しているのでカバンに入れて持ち運ぶこともできます。

外でもネットが使えるところもメリットといえるでしょう。

モバイルルーターでも最新機種なら最大590mbpsのスピードが出ます。

固定回線の代わりとしても十分使えるスピードです。

デメリットは選ぶキャリアによっては7G制限の通信制限をかけている所が多いので見極める必要があることです。

【参考】7Gの通信制限のかからないキャリアを選ぶためのポイントはこちら↓

モバイルルーターはおもに、一人暮らしの人、大学生、単身赴任者によく選ばれています。

メリット ・工事不要ですぐに利用できる
・無線で簡単につなげる
・持ち運べるので外出先でも利用可能
デメリット ・キャリアによっては7G制限がある

工事ありとなしの差が大きい

重要

固定回線とモバイルルーターの大きな違いは工事が「あるか」「ないか」です。

工事がありなしで、工事費用や導入期間に大きく差が出ます。

固定回線とモバイルルーターの工事費用と導入期間を比較しました。

工事費用の比較

使い始めるまでの工事費用があるのとないのではで大きな差があるので必ず確認しましょう。

固定回線(光回線)の場合、だいたい15000円~40000円程度工事費用がかかります。

固定回線でインターネットをつなぐには最低これだけの料金がはじめにかかることを知っておきましょう。

モバイルルーターであれば、工事する必要がないので工事料金がかかりません。

工事費用の比較

固定回線(光回線) 15000円~40000円程度。
モバイルルーター 0円

申し込みから利用開始までの期間比較

工事があるかないかで、インターネットを使い始めるまでの期間に差があります。

注意

開通までの間はネットが使えず不便な時間を過ごさなくてはいけないのでしっかり確認しましょう。

固定回線の場合

工事する必要があるので、申し込みをしてから使い始めるまでに時間がかかります。

WiFi博士
特に引っ越しの多い時期(春や長期休暇など)は工事の予約が混み合います。

工事まで2カ月

待たなければならないことがあります。

数カ月も自宅でインターネットが使えないとなれば、とても不便な生活をしなければなりません。

モバイルルーターの場合

WiFi博士
申し込んでから2〜7日で届きます。

使い方もシンプル。

電源を入れて簡単な設定をすればすぐに使い始められます。

工事や面倒な設定も必要ないので、すぐに快適なネットを利用できます。

契約から実際に使用開始できる期間

固定回線(光回線) 申し込み→工事予約→工事→無線設定→開通
(1カ月〜2カ月程度)
モバイルルーター 申込み後→2〜7日で本体到着→開通
(2日〜7日程度)
※ネットで申し込み後、近くの店舗で当日受取ることも可能です。

固定回線とモバイルルーター工事に関する比較のまとめ

  • 固定回線は「工事が必要で開通までに時間がかかる」
  • モバイルルーターは「工事不要ですぐに利用し始められる」

工事がある場合とない場合には申込みから使い始めるまでに大きな差があります。

今すぐ使いたい人、今後引っ越しする可能性がある場合にはその都度、工事するのは大変なのでモバイルルーターが合っています。

特徴から見たおすすめユーザー

固定回線が合っているユーザーは

戸建住宅に住むファミリーや高速通信が必要な人

固定回線の詳細はこちら


モバイルルーターが合っているユーザーは

単身赴任、学生、アパートに住んでいる、今後引っ越す可能性のある人

モバイルルーターの詳細はこちら

それぞれ合っているユーザーが異なるので自分に合った方法を選びましょう。

モバイルルーターの注意点と選ぶポイント

モバイルルーターはすぐに使えるのでとても便利ですが、各キャリアやプランで内容が違います。

申し込んだ人の中には

C さん
安さだけを見て、契約したら速度が遅かった
D さん
通信制限がすぐにかかってしまうプランだった

このように申し込んでから後悔している人も多くいます。

このように失敗しないためにも、モバイルルーターを申し込む前にチェックしたほうがいいポイントが2つあります。

高速通信が利用できる

定額で7Gの通信制限にかからない

です。

自宅でインターネットを使いたいのであれば、この2つのポイントは必ずチェックしましょう。

ほとんどのキャリアで高速通信は可能ですが通信制限あるところは多いです。

通信制限の条件で最も多い内容は1カ月で7GBの制限です。

通信制限がかかると、動画の再生中にとまったり、サイト表示に時間がかかってしまうことがあります。

自宅の回線として使いたい場合は7G制限のあるキャリアは向いていません。

2つの条件を満たしているモバイルルーターとプランは「WiMAXのギガ放題プランです。

WiMAXは高速通信が可能で、ギガ放題プランで契約すれば定額料金で7G制限がかかりません。

WiMAXなら固定回線の代わりとして十分利用できるといえます。

新しくインターネットをつなぎたい人には

WiFi博士

工事不要ですぐに使い始められる

高速通信&7G制限のかからない

モバイルルーターのWiMAXがおすすめです。

工事不要ですぐに使い始められるモバイルルーター「WiMAX」の詳細はこちら

このページの先頭へ