プリンターをWi-Fiに接続する方法!配線知らずでどこでも印刷!

あなたはプリンターを使って写真を印刷したことはありますか?

パソコンとプリンターを接続し、印刷ボタンを押すだけで綺麗な写真を印刷することができますが、何かと面倒なのが「配線」ではないでしょうか。

プリンターにUSBケーブルを挿し、電源ケーブルを挿す。

 

たったこれだけとはいえ、普段プリンターを使わない方にとっては非常に面倒です。

頻繁に印刷をする方は、「もっと楽にならないの?」と思ったことがあると思います。

 

そんな方にオススメなのが、「無線LAN搭載プリンター」です。

無線LANを利用してエリア内のどこからでも写真データを印刷することができる優れ物で、「いつでもどこでも、誰でも」利用できるのが魅力です。

ケーブルレスでお手軽印刷

まず、無線LAN搭載プリンターは電波の届く範囲なら「どこでも」利用することができます。

設置している場所が2階でも、1階の玄関から写真データを送信し、印刷することが可能です。

 

リビング、和室、トイレ、どこに居てもボタン1つで印刷できるのは嬉しいですよね。

 

データの送信はWiFiを使うので、面倒なケーブルの接続は必要ありません。

「プリンターの電源ケーブル」だけあれば良いので、配線周りも綺麗 になります。逆を言えば、「コンセントさえあればどこにでも設置できる」ということです。

面倒な設定もWiFi内蔵なら簡単!

DSCF3431_R
また、「プリンターの共有も簡単」です。例えば、1台のプリンターを複数人で使用する場合、一々ケーブルを抜き差しするのは効率が悪いですよね。

パソコンでプリンターの共有設定をすれば良いですが、常時電源が入っているパソコンが必要になる他、設定自体がとても面倒です。

無線LAN搭載のプリンターなら、ルーターとプリンターを無線で接続するだけなので、ややこしい設定は必要ありません。

 

ボタン1つで接続できるバッファローのAOSSや、NECのらくらく無線スタートといった機能もあるので、機械が苦手な方でも簡単に設定することができます。

気をつけておきたいのは、できるだけルーターとプリンターを近い距離に設置するということです。

ある程度の距離があっても印刷自体は可能ですが、やはり距離があるほどタイムラグが発生してしまいます。

たまにプリントする方なら多少のラグがあっても問題無いでしょうが、頻繁に使う方は煩わしいと感じてしまうかもしれません。

いかがだったでしょうか?

 

WiFiを利用した次世代のプリンターを使ってみたいとは思いませんか?気になるのはお値段ですが、最近のモデルは無線LANが標準搭載となっているため、比較的リーズナブルな価格で手に入れることができます。

プリンターの価格そのものはピンからキリまであるものの、無線LAN搭載でもお手頃なモデルが多いので、是非一度店頭に足を運んでみてください。

プリンターを共有するためのおすすめのWiFiルーターの比較はこちら

このページの先頭へ