BroadWiMAXがおすすめの理由!契約時に潜むワナ

WiMAXを使いたいと考えた時、どのプロバイダにするべきか迷いますよね

「broadWiMAX」「BIGLOBE」「GMOとくとくBB」等

複数の代理店があり、それぞれキャンペーンも違うので、実際にどこがいいの?

と迷ってしまう人も多いのだと思います。

そこで、それぞれのプロバイダを比較したところ、

「broadWiMAX」が一番ユーザーに取ってやさしいということがわかりました。

broadWiMAXには目立ったキャンペーンはありません。

しかし、ユーザーにとって一番シンプルで手間の少ないキャリアです。

「GMOとくとくBB」や「BIGLOBE」にはそれぞれ方法の異なったキャッシュバックがあり一見お得に見えます。

しかし、実際にキャッシュバックを受けられた人は1〜2割です。

つまり残りの8〜9割は受け取れなかっということです。

本当にユーザーのことを思って作られているサービスをこのサイトで見極めてください。

WiMAXの契約方法

WiMAXの契約方法

すぐに利用したい人はこのような手順で契約しましょう。

1料金プラン「ギガ放題 月額最安プラン」を選択する

2端末は最新機種「w05」を選択

3支払いは「クレジットカード払い」です。

有料オプションをつけて端末代を0円にする※

5店舗での受け取りなら即日使うことも可能。郵送でも1週間程度で利用開始!

※有料オプションを契約時に付けることで通常かかる端末代が0円になる。

端末が届いた時点で解約できるので、利用開始とともに有料オプションを解約することで月額最安値での利用が可能です。

すぐに利用できるモバイルルーター「broadWiMAX」の申込みはこちら

WiMAXではbroadWiMAXが良い

broadWiMAXは20社以上ある代理店の一つです。

「代理店経由でWiMAXで直接契約したほうがいいのでは?」

と思われる方も多いと思いますが、それは間違っています。

WiMAXでの直接契約も可能ですが、料金が高いです。

なぜなら、WiMAXは本体の性能向上やより良い通信への技術向上に集中しています。またCMやWEBなどでの宣伝活動も行っています。

なので、販売のみに注力を注ぐことが難しいため、実際に契約する所は販売代理店におまかせしているのです。

直接契約と販売代理店での料金差はこのくらい違います。

WiMAXはbroadWiMAXがおすすめの理由

それぞれの販売代理店が力を入れて販売をするにあたり、代理店毎のサービスによって差があります。

価格という面では「GMOWiMAX」が他社より安くなっているという内容をよく見かけると思います。

その中で、「broadWiMAX」は安さで言えば2位になっています。

他のサイトが比較している価格差とは

・WiMAXを利用するときに発生する「月額料金

・契約時に発生する「キャッシュバックや割引」などのキャンペーン

を合算することで安さの比較表を出しています。

 

月額料金のみの比較で言えば「broadWiMAX」が安いです。

しかし、「キャッシュバック」を加味すると他の代理店が安くなることがあります。

broadWiMAXにはキャッシュバックはありません。

なぜなら、キャッシュバック制度がユーザーにとって落とし穴になっている場合が多いからです。

キャッシュバックキャンペーンの落とし穴

月額費用+キャッシュバックの費用を計算し3年使用した際の料金を比較すると

1番安いのは「GMOとくとくBB」です。

2番目は「broadWiMAX」

3番目は「BIGLOBE」となります。

初めにお伝えするとbroadWiMAXではキャッシュバックキャンペーンを行っていません

他の代理店「GMOとくとくBB」や「BIGLOBE」などではキャッシュバックキャンペーンを行っています。

しかし、多くの人が誤解していることがあります。

それは「キャッシュバックはすぐに戻ってくるわけではない」ということです。

・・・え?キャッシュバックって申請すればすぐ戻ってくるんじゃないの?と思われていた方も多いのではないでしょうか?

しかもこのキャッシュバックそれぞれの代理店毎に方法が異なっていて細かな「期限」を設けていてその申請を少しでも忘れてしまうと支払われないというトラップが潜んでいます。

「GMOとくとくBB」の場合

11カ月後に、指定のメールアドレスにキャッシュバックの案内メールが届きます。

そのメールのURLからキャッシュバックの手続きを行います。

11カ月後、さらに期間内に申請をしなければキャッシュバックは受け取れないということです。

そこで、質問です。
いまあなたはメールを毎日開く習慣がありますか?
「ない」と答えたあなたはキャッシュバックのメールを見逃してしまい受け取れない可能性もあります。

「BIGLOBE」の場合

BIGLOBEの場合、キャッシュバックは郵送で届きます。

郵送の場合には忘れない!大丈夫!というひとも多いのでしょう。

郵送のキャッシュバックを受け取る方法としては、

契約後すぐにアンケートを期限内に答える

213カ月目に郵送でキャッシュバックの引換券が送られてくる

3指定の方法で期限内に受け取る。

と3段階の期限を守らなければいけません。

どちらも期限が設けられていて、全ての期限を正確にまもり申請した人のみが受け取る事ができるというなんともわかりづらい制度なのです。

実際にこれらの制度でキャッシュバックを受け取ることが出来た人は1~2割だそうです。

それ以外の人は「キャッシュバック」というエサに釣られて契約し、安くならずに使用している人ということです。

キャッシュバックを実際に申請した人の口コミを調べると

・11カ月目なので構えていたが最終日(31日)の午後にメールが届いていたので慌てて申請することになった。

・キャッシュバックのメールが届くまでの宣伝メール等が多く途中でブロックしようとも思ったがキャッシュバックメールを見逃してしまいそうなので11カ月我慢した

・キャッシュバックで数千円安くなるためにかけたアンケートの時間や書類の作成時間を加味したところ時給換算したら赤字になってしまった。日々のメール確認も含めてたらもっとかな・・・

broadWiMAXはユーザーに取って負担が少ない

ややこしいキャッシュバックをエサに引っかかり他の代理店で契約するユーザーの多くはキャッシュバックを受け取れていません。

↑この事実を見るからに、他のキャリアは騙しているとまでは言いませんが・・・

 

実質、ユーザーに優しくない仕組みとなっています。

 

多くの代理店がキャッシュバック制度を取っている中、「broadWiMAX」は月額料金を安くするというシンプルな形態で安さを実現しています。

ややこしいキャッシュバックをしなくても安定的に安い「broadWiMAX」をおすすめすることが出来ます。

 

キャッシュバック競争に一度でも入ってしまうと、その後抜け出すことは難しいです。

さらに、近年加熱するキャッシュバック競争によりいつ国が動き規制がかかるかもわかりません。

 

11ヶ月後のキャッシュバックを目的に契約したにも関わらず、11ヶ月後にはキャッシュバック制度が廃止されているなんてこともあるかもしれません。

そのような点からも「わかりやすくシンプルに月額料金が安い」broadWiMAXをおすすめします。

ブロードワイマックスユーザーの声

キャッシュバック・割引キャンペーンなど様々な宣伝を他の代理店では見かけたが、目立ったキャンペーンを行わずシンプルに「月額料金」を低く設定している「broadWiMAX」は信頼できる。

実際に他の代理店で契約して、キャッシュバックキャンペーンのメールを見逃してしまった人がいて、一つのメールの確認忘れで実質高い料金を支払い続けることになっていた人もいたので目先のキャンペーンで決めるのは怖いなと思った。

他の代理店のキャッシュバックキャンペーンのメールは11カ月後に届く。

連絡のやり取りに普段はLINEを使っている!メールを見ないので、見落としの可能性もあり不親切だなと思った。

WiMAXの回線の賢い使い方

WiMAXはどのプロバイダ(代理店)で契約してもWiMAXとついていれば利用できる回線は一緒です。

契約後に利用できる回線は3回線(全て使えます)あります。

 

それぞれ特徴が異なるので、一番効率の良い使い方をご紹介します。

普段使いは、「WiMAX2+」の回線を利用

どうしても高速通信が必要な時のみ「WiMAX」「au 4G LTE」を使用

です。

 

「WiMAX2+」

こちらは、スピードの速いWiMAXの回線を使うモードです。

現在はWiMAXの通信方法ではメイン。スピードも日々どんどん向上しています。

ギガ放題プランであれば実質ネットが使い放題なので通常利用でのメイン回線です。

「WiMAX」

WiMAXの回線です。以前普及していた通信方法なので、エリアが広いです。

しかし、通信方法は日々進化しています。通信速度は圧倒的に「WiMAX2+」が速いです。

普段遣いで使う「WiMAX2+」の電波の入らないところでは利用してみましょう。

「au 4G LTE」

WiMAXの端末ではauの回線をお借りして使用することが出来ます。

スマホの届く範囲なら利用が可能になるので、利用可能範囲は広くWiMAX2+が入りくいところでも使える場合があります。

しかし、この回線を利用すると7Gで制限がかけられてしまうので、緊急時にネットが必要な場合や更新日の近い月末などなら使用しても良いでしょう。

基本「WiMAX2+」でもしもの時「au 4G LTE」を使うというのが賢い使い方です。

注意例

・月初めに「au 4G LTE」を使ってしまった場合・・・

7Gの上限がかけられてしまうので、その月にたくさん使いすぎてしまうと通常のネット検索ですらままならない通信制限がかけられてしまいます。

WiMAX2+が入らない場合の保険的な役割を持っているので基本的には通常使用しないようにしましょう。

 

迷っているなら「WiMAX」→「固定回線」の順

broadWiMAXであれば現在固定回線と迷っている人でも安心です。

broadWiMAXは光回線や他のモバイルルーターも同社で販売しています。

なので、仮にbroadWiMAXを契約してやっぱり持ち出す機会もないので光の固定回線がいいなと思ったときには違約金なしで光回線に変えることが出来ます

 

今、光回線にしようか、WiMAX(モバイルルーター)にしようかと迷っている人は

1broadWiMAXを使ってみる

2自分にあっているなら使い続け、光回線の方がいいなと判断したときには光に変えることも出来ます。

 

つまり、broadWiMAXまず試して使ってみるということが出来るのです。

 

ネットを使いたい・・・

でも、どう選べばいいのかわからないという人はまず使ってみて合っているかを試してみてください。

モバイルルーター「broadWiMAX」の申込みはこちら

このページの先頭へ