3G・4G・LTEの違いと速度を徹底解説!今さら聞けない通信回線の話

「3Gより早い高速通信が可能な4G」

「スマートフォンの時代には4GやLTEが主流になっている」

「3G」「4G」「LTE」がCMなどで度々出てきていますがこれらの言葉の違いがわかにくいですよね

実際に利用している人でも「4GとLTEって何?」と聞かれても応えられる人はなかなかいないと思います。

このページではそんなわかりにくい「3G」「4G」「LTE」の違いを解説します。

3Gや4Gに使われている「G」の意味

「Generation(世代)」の頭文字です。

なので「3Gや4G」とは「3世代通信」「4世代通信」という意味です。

キャリアごとに4Gの言い方が違う

「3G」の後継として出てきた高速通信が可能となった「4G」が今では一般的に使われています。

4Gの回線は実際にはLTEと表されることが多いです。

そもそも「LTE」って何?

LTEとは・・・

長期的進化「Long Term Evolution)の略です。

LTEが出始めた当初は3.9Gと言われており3Gと4Gの間の規格というのが正しい位置づけでしたが

4Gという言葉がLTEの直後に主流になったため「LTE」=「4G」という意味として浸透しました。

つまり「LTE」とは4Gの一つです。

大手通信キャリアでもそれぞれ高速回線の表し方が異なります。

大手通信会社は各社LTEサービスを展開している

大手通信キャリアでもそれぞれ高速回線の表し方が異なります。

NTTドコモ Xi(クロッシィ)
KDDI au 4G LTE
ソフトバンクモバイル ソフトバンク 4G LTE

のように各社それぞれの表記の仕方で表されているので注意してください。

モバイルルーター端末でもLTEサービスがある

パソコンやタブレットを外出先で使うために利用するモバイルルーターの会社でも4G(LTE)回線を使うことの出来るキャリアがあります。

wimax 4G
ワイモバイル LTE

4Gを利用できるモバイルルーター「WiMAX」の詳細はこちら

4Gの代表格であるLTEと3Gを比較

では「3G」が「4G(LTE)」になると何が変わるのか気になる方も多いのだと思います。

そこで、3Gと4G(LTE)のスピードをそれぞれ比べました。

スピードが違う

LTE対応のスマホやモバイルルーターを利用すれば高速通信が利用可能ですが実際にどのくらいのスピードの差があるのでしょうか

3Gと4Gのスピードの違いをまとめました。

3G 数~15mbps
4G 90~160mbps

3Gと4G(LTE)の理論的な最大通信速度の比較です。

公式ホームページで記載されたスピードで比較しましたが3Gと4Gには15倍程度の差があることがわかりました。

4Gを利用できるモバイルルーター「WiMAX」の詳細はこちら

使用可能エリアの広さ

続いて、仕様可能エリアの比較です。

3G 人口カバー率100%に近い
4G 現在は3Gと変わらない程度まで拡大

現在では4Gも多くの場所で利用可能です。まだ対応されていない地域も一部ありますが現在拡大中です。

自分の地域がLTEをに対応しているかどうかは各キャリアのホームページで確認することができます。

ドコモ https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/area/map/index.html
AU https://www.au.com/mobile/area/225mbps/
ソフトバンク http://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/list/
wimax http://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/list/
ymobile ソフトバンクの対応エリアと同じ※Yahooとe-mobileの合併により出来た会社です。Yahoo!はソフトバンクの子会社です。

今後の対応エリアの拡大にも注目です。

パケット料金(月額の使用料金)

スマートフォン

3G 4500円~5500円程度
4G 5000円~6000円程度

4Gは3Gと同様に月々のパケット定額制が設けられています。

3Gのみと比べると若干割高です。しかし、基本的には4G回線を利用するプランを選択していると思いますので

この価格差は4Gのねだんが平均的と言っていいでしょう。

モバイルルーター

PCやタブレットを外出先で利用するためのモバイルルーターはスマートフォンより安く利用できるのが特徴的です。

wimax(4G) 2700円
ワイモバイル 2800円

モバイルルーター「wimax」の詳細はこちら

LTEスマホの便利な機能と通信制限

LTEではその特性を活かし「テザリング」と呼ばれる機能が使える。

スマホから電波を飛ばしPCやタブレットなどでネットに接続できる機能です

しかし、多くの場合通信制限が設けられている場合が多い

スマホキャリアは一般的に月7GB程度 ※最近では5Gプランや家族で20GB分け合えるシェアプランなども登場している

モバイルルーターは3日で3GB※月(30日)で最大90GB利用可。

通信制限がかかると数進速度が128kbps程度に制約されてしまいます。

通信の利用し過ぎには注意する必要があります。

モバイルルーターは3日で3GB※月(30日)で最大90GB利用可能な「wimax」の詳細はこちら

LTEを利用する方法

LTE対応端末スマートフォンでLTEを利用する事ができます。

今ではほとんとのスマホ端末では4Gが採用されているので3Gしか使えない端末がほとんど無いので安心です。

3Gは電話を使用しているときや電波の届きにくい場所などで自動に切り替えられますが一般的なところでは4Gで通信を行っています。

それでも今使っている、スマートフォンの通信が遅いと感じ得ている場合には
以下の理由が考えられます。

遅く感じるときに生じている問題

  • スマートフォンが古い機種で3Gにしか対応していない
  • LTEの電波が届いていない
  • LTEを使いすぎて通信制限を受けている

問題を解決するには

  • スマートフォンをLTE対応の機種に買い換える
  • 家の中でLTEが繋がりにくいときには「光回線」を契約し無線LANで「WiFi」を利用し接続する。
  • LTEを使いすぎて制限を受けないためにテザリングは使わずにPC・タブレット専用のモバイルルーターを利用する。

などの方法があります。

その他にPCやタブレットでLTE利用する方法

  • テザリングを利用しPCタブレットで利用する。テザリングの使い方や注意点はこちらの記事へ
  • LTE対応のモバイルルーターを利用する。

などの方法があります。

スマートフォンやタブレット、パソコンでも高速通信を利用するために最低限の知識をつけて

快適なネットライフを送りましょう!

このページの先頭へ