タブレットで劇的に生活が変わった…電子書籍とスケジューリング

こんにちは

過去に記事で
電子書籍の良さ。本の良さ。…まだ電子書籍は持ってないけど。」という記事を書きました。
当時は電子書籍を持っていなかったので

想像上での「電子書籍の良さ」と「紙の本の良さ」について書きました。

そしてついに、最近タブレットを手に入れました。

taburetto

そこで、過去に考えていた想像と手に入れてみて実際にどうだったのかを今日は書いていきたいと思います。

いつも抱えていた重い荷物

みなさんは普段どのくらいの荷物をも持っていますか?
私は普段荷物が多い方なので、友人に筋トレしているの?

と言われたことがあります(笑)

タブレットを持って、どのように荷物削減になったのかを本日は紹介しようと思います。

まずは、

「重い本を持ち歩かない」

ということです。

本とタブレット

これは本当にその通りです。
何冊もの大きな本をカバンに入れて持ち歩くととても重いですよね?
その点はかなり電子書籍により解消されました。

そして、軽くなったのは本に限ったことだけではありませんでした。

「書類やプリント類」
です。

ファイルに一つ一つファイリングしていた紙の書類ですが
それも今では専用のアプリで「カシャ!」です。

スキャナー機能の持ったカメラアプリもあるのです!

それによりフォルダー分けされた書類はいつでも見返すことができます。

今に集中するために、未来を管理!新しいスケジューリング

カレンダー
その他にもまだ思っていた想像を上回ることがありました。
それはスケジューリングです。

スポンサーリンク

スケジュールを書き入れるあの手帳ですね。
普段外に出て仕事をしている方には必須アイテムなのですよね!

少し前から、消せるペン「フリクションボール Friction」により
書き込んだものを消して書き直すということが文房具の革新により劇的に変化したように思っていましたが。

実際にタブレットを持ってみてわかったことは
予定変更が合った場合
「消して書き直す」ではなく「項目を出し入れする」です。

今までの予定の日付や時間を変更すればその時間にスケジュールが入るのです。

これって凄いですよね?

そして、更に注目するべきところは「通知」です。
普段から紙でスケジューリングしていた私ですが

手帳を見返す習慣が定着するまでは
予定ギリギリになってしまい

危うく電車に乗り遅れて遅刻しそうになったこともあります。

普段見返す習慣←これを確立するまでが、難しいですよね!

そこで、最近私がタブレットで使っているのは、「通知」です。
私がゲームを指定ても、動画を見ていても、時間を設定していれば

通知で知らせてくれます。

ここでの利点は通知によって、やりたいことへ集中し
その他のことを一時的に忘れられることです。

楽しいことをしていても
次のスケジュール

食事をしていても
次のスケジュール

ラインをしていても
次のスケジュール

こんなことがなくなったということです。

しっかりとその場で行う大切な時を感じて生活出来るということです。

タブレットを手にして「まとめ」…劇的に生活が変わった。

私は今回、タブレットを手にして生活が劇的に変わりました。
ここで書いてあることはまだ一部です。

今回の内容を短く表すと
「紙はデータで軽く便利に」
「今を考えるために未来を管理する!」です。

今回は、紙のものを、タブレットで持ち歩くことについて書きました。
まだまだ、たくさんの可能性を持っているタブレットでので、
今後も使い方などについても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

今日も読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ