iPhoneにケースカバーを付けない理由~スティーブ・ジョブズの強いこだわり~

突然ですが…

みなさんは、iPhone、iPadにケースを付けて使用していますか?

街で歩いていても、多くの人が自分の好みのケースを付けて持ち歩いているのをよく見かけます。
実は私もその一人でした。

しかし、ケースについて調べていたある日
スティーブ・ジョブズが話したケースに付いての考え方について書かかれているインタビューのエピソードをを見つけました。

私はこのエピソードによってケースを買うことをその場でやめました。
今日は、私がなぜケースを購入しなくなったかという経路をここに書きたいと思います。

この内容は伝記にも書かかれている内容です。

スティーブ・ジョブズの記者とのエピソード

内容は、記者がスティーブ・ジョブズにインタビューをするところから始まります。
その記者ががインタビューをする際、カバンから録音機とケースの付いたiPodを取り出します。

その時、スティーブ・ジョブズは残念な表情をしてインタビュアーに声をかけます。

傷のついたステンレスは美しいと思うけどね」と…
このこの言葉に隠された真意とは、

スティーブ・ジョブズはかなり当時のiPod(今ではiPhoneなども含む)のデザインにはこだわりを持っていました。
今も洗練された、本体の形状をしていますね。

その本体の、見た目はもちろんのこと、そのさわり心地にいたるまでジョブズはこだわっていて
いつでも究極の形状を求めています。
なので、ジョブズはこだわりの本体にケースをつけていたことに不服のようでした。

このエピソードを聞いて私は、一度考えました。
今は、たくさんの人がケースをつけているなぜだろうか…
iphoneは普及したそれとともにケースもみんなつけているジョブズの本心はどうだったのかと…

多くのケースをつけている人はおそらくこのジョブズのこだわりを理解できないと思います。

きっと今の段階ではジョブズの意見には賛成出来ないでしょう
反論する人もいるはずです。

そのような人の意見の中には

ケースを付けないと傷がつくだろ!

落としてしまった時に、壊れないため!

デザインがかわいい、かっこいい、自分の個性!

などなどさまざまな意見が聞こえてきます。

みなさんもケースを付けないということについて考えたらこのような意見が出るのでしょう。
この時、記者もみなさんと同じような意見を持っていました。

上記のような意見を持っている人が考えていることを一つ一つ整理して
ジョブズの意思を踏まえて書いていこうと思います。

傷は美しい?ジョブズの感性

「ステンレスについた傷は美しい」この言葉を聞いて

ジョブズは「傷も味の一つである」と言っていますよね

本体を使っていく中でついた傷は、当たり前であり、自分になじんできている証だと
すごい愛着を感じます。

コレは最初の「ケースを付けないと傷がつくだろ」という人へのジョブズの意見です。

次の、「落としてしまっても壊れないため」についてのジョブズの意見を考えてみました。

それは

落とさないためにケースに入れないという考え方

「落としてしまうからケースに入れる」と思っている人は

落としてしまうことが前提条件になっていませんか?

逆に考えると、ケースに入れているから落としてもいい(しょうがない)ことを肯定しているようにも思います。

私はケースを付けなくなってから、一度も落とすことなく使っています。
落としたら嫌なので絶対に危険だと思うところには置きません
カバンに入れるときもそっと、本と本の間に入れたりしています。
そして、画面が汚れた場合は、こまめに拭きます。

ケースに入れていた時は少し雑に扱っていたのに、ケースをしていないと
適度な緊張感により、逆に本体が長持ちしているような気もします。

みなさんはケースに入れている安心感による緩みによって、iPhoneを雑に扱っていいことを肯定しますか?
コレは違いますよね、どうです?

個性は身に付けるものではない、自分を表す物

最後に「デザインがかわいい、かっこいい、個性派」についての意見です。
デザインについてこだわっていたジョブズの理念は、シンプルでかつ機能的です。

機能ばかりに焦点を当てると、機能がかなり増えてしまいます。
最近の家電は、機能が多いですよね
実際には使わない機能も多いのです。

この使わない機能で、あふれている今の社会に訴えている意見と私は感じ取りました。
そこで、ケースは本来の姿を隠すものですので、外付けのもので、オリジナルではありません

自分で作ったものなら、オリジナルでクリエイティブですが
買ったものなのなら、絶対に同じ人がいます。

オリジナルではありません

自分で付けた傷の方がよっぽど味であり、本体と共にしてきた歴史であり個性であると言えます。

調べていて気がついたスティーブ・ジョブズの感性

スティーブ・ジョブズについて調べていたら。

ものを大切にする心、自分自身と共に生活していくものの追求、革新的なクリエイティビティを感じます。

これらのこだわりを聞いてあなたはどう思いますか?
ケースを付けたほうがいいと思いますか?無い方がいいと思いますか?

このこだわりに沿った使用方法が一番正しいと矯正するつもりはありません

しかし、ものを扱うにあたってジョブズが伝えたかったもの
その心は、現代のみなさんにも引き継いでほしいです。

みなさんも、今一度ものに対する考え方を、再認識してください。
今日はケースを付けないという私の考えからスティーブ・ジョブズのエピソードを書かせていただきました。

ジョブズの作品を最大限に活かすためには、最適なネット環境を自宅でも外出先でも作ることが大切です!

あなたのネット環境で「iPhone」「iPad」「iPod touch」「Mac」などを最大限にいかせていますか?

DSCF3566_R

最高の作品を持っていても「ネットが遅くて読み込みが・・・」「アプリのダウンロードが遅い・・・」等、製品を最大限にいかせないネット環境ではもったいないと思います。

是非、この機会にネット環境を一度見なおして見ることをオススメします!

【比較】固定回線とモバイルルーターどちらがいいのか?メリット・デメリット

おすすめのWiFiルーターの比較はこちら

22 Responses to “iPhoneにケースカバーを付けない理由~スティーブ・ジョブズの強いこだわり~”

  1. なおげ より:

    私わiPhone6を使っています。このウェブページの文を読みiPhoneにケースをつけることをやめました。

  2. admin より:

    コメントありがとうございます!
    私もこのエピソードを受けて、アップル製品にはケースを付けることをやめました!

    読んでいただけて嬉しいです!
    今後もブログをよろしくお願いします。

  3. ボス より:

    単純にツルツルしていて持ちにくいからケースに入れています
    そして、落としたときのために入れています

    私はケースに入れてようがいれまいが、電子機器の取り扱いには常に慎重を期しています、その精神とケースの有無は関係ありません
    そして、どれだけ慎重に扱っていても、本人の意思とは関係なく、不慮の事故は起こります
    起こるかも、ではなく、ほぼ必ず起こります
    使う頻度が高い=試行回数が多いため、大数の法則が働くためです
    その時のためにケースに入れているのです

    落とすことが前提なのは当たり前のことなのです
    勘違いされてますが、落とすことが前提であることは落として良いと思うことと同じではありません
    より大切に、長く使いたいからこそケースに入れるのです

  4. admin より:

    コメントありがとうございます!

    もちろんそのような理由の方もいると思います。
    むしろ多いかもしれませんね

    ジョブズが伝えたかったものを大切にする心は
    どのような形であれ受け継いでほしいと思います。

    ものは大切に使っていきましょう!

  5. moke より:

    twitterから来ました。

    ジョブズの発想からして、製品はカスタマイズするものではないと言う意味からのエピソードだと思います。

    実際アップル製品に限らない話ですけど、スマートフォンケースによって熱がこもる指摘も出てますしメーカーからは想定するのが限界だから製品のまま使用することを推奨しただけの話かと。

    その他、現行アップル製品の多くが、例えばメモリ増設、パーツの変更などが出来ないように、あらかじめ半田付け、接着剤、特殊工具によって一般人が内部に手が出しずらいようにも加工されているものが増えてきています。

    以前からアップル製品は他ハードとの互換性を優先するよりは自社ブランド中心で商品開発することによってユーザーの自由度を制限する代わりに他のメーカーには無い新しい製品を提示することを会社としてのアイデンティティを保っているのかと。

    現に、macのOS Xは自社製品以外での起動は規約違反とみなしていますし、その事実が良いか悪いかは置いて、経営理念としているから、ケースなどの小さなユーザーのカスタマイズを歓迎しないという意味での発言かと思いますよ。

  6. […] 引用:iPhoneにケースカバーを付けない理由~スティーブ・ジョブズの強いこだわり~(Wi-Fiの知恵袋担当者Blogより) […]

  7. 匿名 より:

    共感できるお話ですが、1年で3回ガラスを割った私にはケースを付けない選択肢はありません

  8. kiyo より:

    私もケースをつけない派です。
    ジョブズのこだわりに強く共感するからです。

    他にもmac等でシルバーとホワイトの組み合わせにこだわり、あえてゴールドの製品を作ってこなかったこだわりにも強く共感します。

  9. ひよよ より:

    ジョブズの思いなんて、知った事か!製品を発売した時点で、どう使うかは消費者の手に委ねられるのさ。

  10. toshi より:

    ケースのキズも個性として捕えるのは、ひびや金継ぎも個性として愛でる茶器の世界に通じるものがありますね。
    禅などの日本文化に傾倒したジョブズらしい考え方だと思います。
    当然、自分もケース使わない派です。

  11. toshi より:

    訂正
    ケース→ケースカバー

  12. たっくんママ より:

    色んな種類の中から自分好みのケースって沢山あり過ぎて(笑)
    迷いに迷い
    息子共々6を使用してますが
    最近はケースなしで使用してます

  13. toranosuke より:

    自分も裸族なんだけど、落として傷つけたとき、このジョブスの言葉思い出して凹まずに済んだよ(^^)造った奴がそう言うんならそうだろうって思った。いい言葉残してくれたなってマジで思ってます。

  14. HG より:

    愛着、か、iphone5sと5かっこいいからわざわざお金貯めて買ったけど傷つきやすいからデザインとか手触りがほとんど変わらないようにtpuの薄い透明なケースつけてたけどしばらく裸で使ってみよっかな?

  15. […] (出典:iPhoneにケースカバーを付けない理由~スティーブ・ジョブズの強いこだわり~ | WiFiルーターの知恵袋担当者Blog) […]

  16. […] あの故スティーブ・ジョブス氏はカバーなしで使っていたと言います。(カバーを認めなかったとも) […]

  17. 音吉 より:

    ジョブズは、絶対オタクだったとこれは、ものに対するこだわりです
     今のiphone サイズは、android に押された結果ですよね 快適なのは、やはり 4s のサイズかなあ 

  18. […] 「私はスティーブジョブスを信仰しているからつけない!」っていう方もいるとおもいます。 […]

  19. ジョブズが死ぬまでは より:

    >わたしは傷をつけない為にフィルムを貼ったりするのが大嫌いで、iPhone初期からケースや保護シートは一切つけませんでした。携帯を使わなくなったときに保護シートをはがしてキレイである必要性がわからないからです。
    なので、どんなに傷がついてもケースやシートはつけないと他の人に言っていたら、ジョブズが同じことを言っているというのを聞きました。

    しかしそれもジョブズが他界するiPhone4Sまでの話です。

    ジョブズが亡くなる前までは、いくらiPhoneを落としても角にヒビが入るぐらいで表画面も中も壊れませんでした。ジョブズが亡くなった以降の製品はヒドすぎます。
    片手で操作できないような使いづらい大きさになるどころか、滑りやすく落としやすくなり、
    ちょっと落としたただけでも壊れやすくなりました。
    画面全体が割れる、液晶表示がおかしくなる、タッチボタンに不具合が生じるなど、いままでなかった不具合もです。
    20年前よりずーーっとApple信者だったわたしが、そこからiPhoneを断念しました。

    今日のようなiPhoneを購入するのであれば、ケースなくしては使用できないでしょう。

  20. より:

    ジョブズは死んだのだ。

  21. 読者 より:

    iphoneはよく見るのでケースつけているが、IPADはケース止めた。

    重いし安心できる環境でしか開けないのに持ち歩きにわざわざ重くする必要もないように思えるからです。
    アップルが1gでも軽くしようと努力しているのに平気で100gとかのカバーをして荷物を重くする意味が解らない。

    ラップトップに落下防止のケースはつけない。カメラなども落下防止のケースはつけない。そもそも持ち歩き電化製品に落下防止ケースをつける発想はない。ケースは業者の広告。

  22. […] (出典:iPhoneにケースカバーを付けない理由~スティーブ・ジョブズの強いこだわり~ | WiFiルーターの知恵袋担当者Blog) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ