紙の辞書を持ち歩く良い点を教えて下さい。

最近は電子書籍と本を両方持ち歩きながら生活をしています。
そんな、生活をしていた時にふと過去の記憶が蘇ってきました。

中学生の時です。

中学生の時の自分はかなりの反抗期でした。
何かあれば問題につっかかり、意味もなく反抗していました。

私以外にも反抗期合った人も多いのではないでしょうか?

そんなある日のお話です。

英語の時間に分からない単語を紙の辞書で調べていた時のことです。
多くの人が紙の辞書で調べている中で

PN1kIpLvWq

数人小さなパソコンのようなモノに何やら打ち込んでいる友達がいました。
今となっては当たり前ですが、「電子辞書」です。

あんなに分厚い辞書を持ち歩く必要も無く
とても薄い、小さなパソコンのようなもので
数十冊の辞書やほんの内容を持ち歩けるのです。

当時の自分には魅力的なものでした。

しかしその友人は先生に注意を受けていました。
「電子辞書もいいけど紙の辞書の方がいい」

スポンサーリンク

「紙の辞書を買いなさい」と・・・

その時、反抗期の自分を含めた、何人かの生徒は先生に反抗しました。

すると先生は
「紙には書き込める」
「わからないところに印を付けられるからいいんだ!」と
いいました。

当時の自分はその先生の言葉に少し納得出来ないところをうまく丸め込まれ
おとなしくなりました。

しかし、今この言葉を思い出すと新たな疑問点が浮かびます。

最近の電子辞書には、「印を付けられます」「書き込む事もできます」
更にカラーです。写真も見れます。英語の発音も聞くことができます。

とても便利なものになっていて、電子辞書を使うことが学生の日常になっています。

むしろスマートフォンでもいいくらいですが・・・

これに対して疑問を持ちました。
いまだに幼稚園などの卒業式には辞書が送られるところも多いようです。

実際に使っているのかは疑問ですが・・・

そこで、今回「紙の辞書」の良い所はどこなのか?

当時丸め込まれ、納得させられていた疑問が復活です。
誰かこの問題を解決できる人がいましたら教えて下さい

スポンサーリンク

あなたは今「紙の辞書」の良さがどこか説明できますか?

スポンサーリンク

One Response to “紙の辞書を持ち歩く良い点を教えて下さい。”

  1. 匿名 より:

    紙の辞書、電子辞書、それぞれの良さがありますよね。
    例えば、紙の辞書。ページを捲る動作や紙の匂い等で、調べた事が記憶に残りやすくなる?し、電池切れも無い。
    方や、電子辞書。速い。暗くても大丈夫。軽い。
    どちらも水に弱いのは難点ですが、紙の辞書には壊れる心配が無いから、物質的寿命が無い。
    一方、電子辞書は電気代がかかる点がネックですが、新しいデータを追加できたりもしますし、精神的寿命が無いのが利点といえば利点です。
    経済状況や用途、好み等に照らし、より自分に合った方を選択して使っていきたいですね。

    「選ぶ」という事が大事だ、と考えさせられました。
    面白い文章ごちそうさまです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ