あなたもデジタルタトゥーを刻んでる~情報流出とその対策~

こんばんは!

家電が大好きでいながらも
温泉やプール好きなminatoです。

この暑い時期の温泉やプール最高ですよね!
THE夏!という感じで!私も近々行ってまいります(^^ゞ

そんな大好きな温泉やプールに入ることの出来ない人たちがいます。
それは「刺青」や「タトゥー」を入れている人です。

最近では、規制も多く入れないところも増えていますね!

日本人の大好きな温泉に入れなくなる代償を払ってタトゥーを入れる人は凄いですね
…私には絶対にできません。温泉やプールに入りたいからです。

そして、一度入れてしまったら消せないからです。

今日はネット内の「タトゥー」通称「デジタルタトゥー」について書こうと思います。

デジタルタトゥーと言うのは、ネットに書き込んだことは
ログに残るので一生消えないという意味の言葉です。

ちょっと前には、流行りましたよね「バカッター」です。

ツイッター上にバイト先で非常識な行為をアップして炎上していたあれです。

その人たちは、このネットタトゥーの本当の怖さを知りません。
一度今回された画像は消せないのに……

スポンサーリンク

一度公開されてしまったら、消せないということは
現実世界にも影響する可能性が多くあるということです。

就職に影響したり
見られたくないことでもネットを検索されたら出てきてしまうとか
芸能人のプライベートももう完全に守られてはいませんよね

とてもよい技術「ネット」の技術を
誰かが悲しむものに使ってほしくありません

ネットに情報を流失したものは消せません
逆に良い発信をした場合も一生残ります。

つまり、発信一つ一つに責任があるということです。

よく匿名で、発信してある情報もありますが
それらは、責任を持たない発信なので情報ではあありません

そのような情報に惑わされないでくださいね!

ネットを効果的に使えば
「碑石」に刻むことが出来ますが

一歩間違えると消せない情報
「デジタルタトゥー」
となることも忘れないで下さいね

そんなことを今日は発信したくてこの記事を書きました。
みなさんはネットを有効に活用してくださいね!

スポンサーリンク

PS
デジタルタトゥーのなかの「トゥ」はローマ字で「TWU」と打ちます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ