19歳の僕に残された自由な時間は14年【人生計算機】

突然ですが…あなたの人生どんなかんじですか?

私は現在19歳なのですが進路のことを考えて頭を悩ませています。

 

どんな人生にしようかなと

でも心のなかではそんなに焦らなくてもね…時間あるし!

20歳を間近にしながらも、結構遊べるし、時間もあるし、バイトも好きなようにできるし

 

自由で時間をのびのび使えますし

両親世代(40代)位の人たちが20歳の時はちょうどバブルですかね?

 

時間を無限に感じますよね!どうでしょう同世代の人!!

忙しさに追われることもありますが、そんなに焦ることもなくのびのび生きられる!

 

ッて感じがしています!これが噂の(ゆとり世代)笑

 

しかし、私は計算機と言うものに出会って少し考え方が変わりました。

 

下の画像を見てください!

keisannki

この数字なんだかわかりますか?

答えは後半に書いてます。

 

ではでは、今日は…改めましてちょっと真面目なお話を

タイトルは「計算機との出会い」です。

皆さんの声

 

…「全然真面目じゃないじゃないか!」「完全にふざけてる」

などと聞こえてきそうですが…

 

19歳のリアルな話聞いて下さい

突然ですが「計算機」は一回は使ったことありますよね?

きっと普段の使い方は「仕事」「家計簿」「消費税」「宿題の計算←(完全にカンニング行為)笑」…など

ざっと上げると、こんな感じですね

私も普段使いはこんな感じでした。

 

むしろそれ以外使い方あるの?と疑問を持つ方の方が多いのではないでしょうか?

私もそう思っていました。

そこで、今の私がふと思ったのは「人生計算です」

1年=365日 1日=24時間

時間の表し方はいろいろな表し方がありますよね

 

結構数字で表されてるなと

そこで

 

寿命の平均を見てみると

日本人の平均寿命は女性が約86歳、約男性が79歳らしいです。

スポンサーリンク

そこで計算機の出番です。
365×86=31390
365×79=28835

この意味がわかります?

1年間(365日)に平均寿命を掛けた平均日数です…

2つの平均を出すと30112.5
人生約30000日!

この計算をした時私は衝撃的でした。

私は19歳なので6935日生きています!

約7000日としておきましょう

平均寿命でなくなるとして

30000日-7000日=23000日

あと生きている時間は23000日です。

寿命の計算式は「30000-(365×年齢)」

ですね。あなたは何日残っていますか?

 

さらに…

【睡眠】

3分の1は寝ているので

私の場合23000の三分の一は7666日

起きている時間は23000-7666=15334日

 

【トイレ】

トイレを調べた所約8ヶ月らしいので

30×8=240日

15334日(人生)-240=15094日

 

【仕事】

仕事に費やす日数は

土日休み週5八時間として年齢(20~60まで働くとすると)なども考えると

5日×8時間×(356(年間)÷7(週間)=53週間)×40年=84000時間

84000時間÷24時間=3500日

 

15094日(人生)-3500日=残り11594日

 

その他に、食事は仕事の中にお昼は計算したので

朝、1時間くらいですかね…

夜、準備も入れたら1時間くらいですかね…

 

365日×3時間=1095時間

1095時間÷24時間=45日

 

11594日(人生)-45日(食事【朝、夜】)=11549

 

ここまでで年数に変換すると

31年位…

 

他にもおやつとか

仕事までの通勤時間とか

洗濯物、勉強、掃除、などなど

 

人生の時間はとても長く、無限のように感じていましたが

いざ計算してみると…意外と自由に使える時間は少ない…

 

実際私の思いつく限りの活動を引いいてみると5000日位残りました。

そうなるとこれが完全なる自由な時間ですね

 

え?でも…年数にすると14年

 

人生無限にながく思っていた自分には、衝撃的な数字でした。

 

遊びの時間に当ててもいいし

昼寝でも、趣味でも、そんな事本気でフルに出来る年数14年

 

一度、何かを改めないとと思いました^^;

 

計算機に教えられるとは…

 

さて、何しようか…

みなさんはまるまる14年を何をする時間につかいます?

きっとこの中での充実度で人生変わるんだろうな~

と思いました。

 

スポンサーリンク

無駄な時間過ごしてませんか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ